2022年12月6日(火)

【メーカートップインタビュー】ベッセル社長/田口順一氏「ニーズに応える商品開発」

世界で喜ばれるブランドに

ベッセル社長/田口順一氏

今年取り組むことは。

日本、そして世界のユーザーのニーズに応える新商品開発に取り組む。ユーザーは常に作業効率や品質を高め、快適に使える工具を求めている。それは、国や地域、業種などによって少しずつ異なる。そうした多種多様なニーズに応える商品を開発していく。

それは例えば。

当社の主力商品のドライバーでもニーズは異なる。性能や品質、機能性を求めるのは日本や欧米が多く、東南アジアなどはそれより耐久性を求める。一方、デザインは日本向けが欧州で受けなかったり、米国ではトルクスや絶縁仕様が求められたり。そうした少しずつ違うニーズに応えるということだ。

商品開発はどのように。

当社は市場調査してニーズを吸い上げ、それを検証、商品を試作、ユーザーの評価を受け、改良を重ね商品化するやり方で商品開発している。開発テーマによって、その技術やノウハウ、知識の豊富な人が開発部や各工場、営業から集まりチームをつくり取り組む。

それをこの約30年続けるうちに商品開発の精度が高まった。電動でネジ締めをアシストする「電ドラボール」や、折れにくく摩耗しにくい高硬度材(ダイハード鋼)のビットもそうした中で生まれ、ここ数年のヒット商品となった。

今年の新商品点数は。

そうした新商品開発のテーマを全て商品化することはできないが、年間に約30点は商品化したい。それによって国内、そして海外の需要に応えたい。

商品開発に最も力を入れる理由は。

メーカーの使命であり、それが事業成長の原動力だから。当社が目指すブランドビジョンは、「世界中にベッセル製品を届けること」。そのために開発の領域は制限しない。あらゆるニーズに応える商品開発にこれからも挑み続ける。そして世界でベッセルのファンを増やしたい。

日本産機新聞 2022年9月5日

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト