2024年6月22日(土)

【メーカートップインタビュー】ブラザー工業常務執行役員/星真氏「24年に1000億円」

商品・サービス拡充へ

ブラザー工業常務執行役員/星真氏

今年注力することは。

ブラザーグループは中期戦略『CS B2024』を掲げ、工作機械分野は24年までに売上高1000億円を目標とした。そのためには素早く行動していくことが重要で、商品ラインアップやサービスを拡充し、他社にない価値を提供していく。

はじめの一手は。

今春、SPEEDIOのベストセラー機である「Sシリーズ」とパレットチェンジャー搭載モデル「Rシリーズ」を刷新し、新たに28本マガジンを追加するなど機能性を充実させた。さらに、治具エリア最大φ500㎜の傾斜ロータリーテーブルを搭載した「U500Xd1」は高生産性・省スペース化・省エネ性能のほか、工程集約を掲げ、省スペースながら大型ワークをワンチャッキングで加工する新たな価値を加えた。世にない価値をユーザーに提供し、他社との差別化を図る。

販売やサービスは。

次は販売強化のためのインフラ整備だ。年内をめどに、ショールーム&デモ加工が行えるテクノロジーセンターを仙台に開設し、年度内に九州と広島にも開設する。中国やインドなど重点市場もテクノロジーセンターを増やし、機械性能を体感できる場を整える。

ターゲット市場は。

EV部品を重点市場と捉え、インバータやモータケースなどに注力する。これまで自動車産業は参入障壁が高く、なかなかアプローチ出来ていない面もあったが、EV化で新規部品の案件が増える。ユーザーが求める価値を提供できれば、顧客開拓のチャンスが増えるため、シェア拡大を図りたい。

商社や販売店の役割は。

売上を増やすには代理店など販売パートナーとの連携が不可欠。今年は新たに代理店会『SPPEDIO会』(16社で構成)を立ち上げ、一層の関係強化を図っていく。製造面でもサプライチェーンの強化を進めており、年内には通常納期に戻る見込みだ。ここで体制を整え、販売を強化する。

日本産機新聞 2022年9月5日

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト