2024年3月1日(金)

【メーカートップインタビュー】協育歯車工業社長/井田斉昭氏「安定供給を最優先」

増産や商品統廃合も

協育歯車工業社長/井田斉昭氏

今年注力することは。

製品を安定供給できる体制の構築を最優先させる。昨年以降、半導体製造装置業界を中心に、当社が強みとする小型歯車の需要が急増している。この結果、納期の長期化や製品不足でご迷惑をおかけしている。増産を継続させる一方で、それでも追いつかない状況を改善させる。

具体的には。

まずは、当社の生産能力を考えると商品の集中と選択はせざるを得ない。約4000点以上あった標準品歯車を2500点近くまで減らす。注文頻度が少ないものに加え、設備の老朽化や外注の廃業など、長期的に安定供給できない製品が中心になる。

また、食品業界向けの「青POMシリーズ」をはじめ、材料の供給が手配できない商品の受注を停止している。こればかりは当社だけではどうしようもない。こうした製品に関しては、現在手元にある在庫などを調整しながら、柔軟に進めたい。

そして、値上げ。11月21日の受注分から平均で25%値上げをさせて頂く。収益性を改善しないと長期的に安定供給が難しくなりかねないからだ。

増産はどうでしょうか。

当然、継続して進める。2017年に埼玉の春日部工場を増築して以降、毎年億単位の投資を続けてきた。すでに一昨年に比べ、昨年は生産能力を7割近くアップさせている。それでも受注残が減らず、むしろ増えているくらいだ。今年も新たな機械をはじめ、約2億円を投資する予定だ。

どのような投資になるのでしょうか。

増産に向けては、人材確保が長期的にも大きな課題となるため、自動化に関連する投資や、生産性の高い複合加工機を中心に投資していく。

一方で、開発強化の投資も続ける。この8月にはライスハウァー(スイス)の歯車研削盤も導入した。この機械でしかできないような部品や加工を強化したい。

日本産機新聞 2022年9月5日

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト