2023年2月2日(木)

【メーカートップインタビュー】イマオコーポレーション/吉田 浩明専務「ロボット活用に貢献」

関連製品の開発を強化

イマオコーポレーション/吉田 浩明専務

今年注力することは。

様々な分野のロボット活用に貢献することだ。日本のロボット市場は、2035年には10兆円規模になるとも言われている。労働人口減少や熟練技能者の離脱、働き方改革などを背景に製造工程の自動化が急務になっている。また、医療や介護福祉、物流などにおいても、ロボット導入が拡大するだろう。当社もより簡単にロボットを活用できる周辺機器を提供することで社会に貢献したい。今年はその第一歩だ。

具体的には。

今年4月、協働ロボットや小型産業用ロボット向けのツールチェンジャー「SMARTSHIFT(スマートシフト)ロボットシステム」を発売。

メカニカル式のツールチェンジャーで、ロボットアームの水平移動だけで簡単にツール交換できる。もちろん手動での交換も可能。ロボットアームに取り付けるロボットマスター(樹脂製)と、ツールを取り付けるツールホルダー(アルミ製)、ツールホルダーを固定するツールポケットなどから構成される。軽量で、ツール交換にエアや電気を必要としないので、ロボット活用がより簡単になる。交換時、ツールへのエア供給や電気接続は自動で行われる。

対応するロボットは。

UNIVERSAL ROBOTSやファナック、川崎重工業、安川電機、ABB、Doosanなど幅広いメーカーに対応。一部メーカーからは認定周辺機器として登録されており、組み込む場合も簡単にプログラミングできる。今後も認定メーカーを増やしていく。

今後の展開は。

ロボット周辺機器を当社の新たな柱に育成したい。そのための製品開発強化を行う。当社工場では、機械加工、組み立て、検査、梱包などの工程にロボットを導入して自動化を積極的に進めている。その中から製品アイデアを拾い上げると共に、SIer協会・代理店・展示会などからヒントを集めて製品化を加速する。

日本産機新聞 2022年8月20日

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト