2024年4月25日(木)

育良精機 自動で太陽光パネルを洗浄

専用装置を開発

育良精機(茨城県つくば市、029-869-1212)はこのほど、人手をかけずに自動で太陽光パネルの汚れを除去できる「太陽光パネル自動洗浄装置」を開発した。6月1~3日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた「電設工業展2022」で披露。早期の発売を目指している。

同装置は洗浄ユニットと走行ユニットで構成される。洗浄ユニットが走行ユニット上を移動しながら、縦方向に上下往復して洗浄。縦の洗浄が終わると走行ユニットが横に移動し、次の縦方向の洗浄を始める。1時間に1m×1・6mのパネル150~200枚の洗浄が可能だという。

パネル表面の汚れは、洗浄ユニット内のロールブラシが回転することで、パネル表面を傷付けずに除去される。乾式でタンクなどの付帯設備を必要としない(湿式にも対応可能)。本体は分割式で、持ち運びが容易。簡単に組み立てることができ、走行ユニットの連結数によって、様々なパネルサイズに対応できる。

電源はDC24V専用バッテリーを採用し、充電時間3時間に対して1時間駆動する。自動と手動の切り替えも可能。簡単なスイッチ操作で速度切り替えや部分汚れの洗浄などにも対応する。

太陽光パネルは洗浄することによって、発電効率が5%回復するという。同社は「太陽光パネルを効率良く洗浄したいというニーズが高まっている。この装置を導入することで、洗浄にかかる人手や時間を大幅に削減できる」としている。

日本産機新聞 2022年7月20日

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト