2022年10月7日(金)

育良精機 自動で太陽光パネルを洗浄

専用装置を開発

育良精機(茨城県つくば市、029-869-1212)はこのほど、人手をかけずに自動で太陽光パネルの汚れを除去できる「太陽光パネル自動洗浄装置」を開発した。6月1~3日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた「電設工業展2022」で披露。早期の発売を目指している。

同装置は洗浄ユニットと走行ユニットで構成される。洗浄ユニットが走行ユニット上を移動しながら、縦方向に上下往復して洗浄。縦の洗浄が終わると走行ユニットが横に移動し、次の縦方向の洗浄を始める。1時間に1m×1・6mのパネル150~200枚の洗浄が可能だという。

パネル表面の汚れは、洗浄ユニット内のロールブラシが回転することで、パネル表面を傷付けずに除去される。乾式でタンクなどの付帯設備を必要としない(湿式にも対応可能)。本体は分割式で、持ち運びが容易。簡単に組み立てることができ、走行ユニットの連結数によって、様々なパネルサイズに対応できる。

電源はDC24V専用バッテリーを採用し、充電時間3時間に対して1時間駆動する。自動と手動の切り替えも可能。簡単なスイッチ操作で速度切り替えや部分汚れの洗浄などにも対応する。

太陽光パネルは洗浄することによって、発電効率が5%回復するという。同社は「太陽光パネルを効率良く洗浄したいというニーズが高まっている。この装置を導入することで、洗浄にかかる人手や時間を大幅に削減できる」としている。

日本産機新聞 2022年7月20日

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト