2024年4月13日(土)

ロボットテクノロジージャパン2022 3日で4万人が来場

自動化最新技術が一堂

組み合わせ技術も進化

6月30~7月2日にかけてAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で初開催されたロボットテクノロジージャパン2022(主催:ニュースダイジェスト社)は3日間で4万人超の来場者で賑わった。同展は工作機械にロボットを加えたワーク交換やAGV・AMRといった搬送ロボット、物流シーンにおけるパレタイジング・デパレタイジングと搬送ロボットとの併用、センサや各種ハンドなどロボット周辺機器、ロボットシステムを手掛けるSlerなど様々な企業が出展し最新技術を披露した。

近年、国内の製造業は人手不足でロボット活用のニーズが高まっている。日本ロボット工業会によると、産業用ロボットの21年の受注額は1兆786億円と前年比25.6%増と好調で、ロボットでは難しいとされた作業や組み合わせ技術も進化を遂げている。

日本産機新聞 2022年7月20日

[ 展示会 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト