2022年10月7日(金)

三叉路…

○…人手不足の解消、生産性の向上などを背景に製造現場の自動化が加速している。AIやIoT、ロボットなどの技術を活用し、従来は人手に頼っていた作業を自動化できる様々な技術が登場していることがその理由の一つだ。

○…これまでは熟練技術者の高度な技能や経験が必要とされてきた微細精密加工の領域でも自動化は進んでいる。メーカー各社、機上測定やセンシング技術などを駆使し、人手を介さずにμmレベルの加工を可能にする技術の開発や提案に注力している。

○…そうした中で、少し変わった動きをするのが微細加工機メーカーの碌々産業。活用する技術に大きな違いはないが、その狙いが自動化ではなく、機械を操る喜びの追求だという。機械や加工の状態を数値化し、その情報をもとに技能者が加工できる機械の開発に取り組む。

○…その理由について海藤満社長はこう話す。「イノベーションは常に人が起こすもの。人が考え、工夫できる領域は残しておかなければならない」。自動化はこれからのものづくりに欠かせない技術の一つ。ただ、人の介在が必要なのは今後も変わらないだろう。

日本産機新聞 2022年7月5日

[ コラム ][ 三叉路 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト