2022年5月19日(木)

東京精密 独メーカーと代理店契約

光学式シャフト測定機を販売

東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)はこのほど、独イエナオプティック社の光学式シャフト測定システム「Opticline(オプティックライン)」の日本における総代理店契約を締結した。OEMブランド「Shaftcom(シャフコム)」として日本市場で展開。新規販売と既存ユーザーへのサービス・メンテンナンスを担う。

同製品はテレセントリック光学系を用いた内蔵カメラシステムによって、円筒形状部品の寸法や輪郭などを短時間で測定できる。オプションの接触式センサによって、内径やキー溝形状の評価などにも対応する。生産ライン内での品質管理を可能とする。

イエナオプティック社は独・イエナに本社を構える光学機器メーカー。全世界で約4900人の従業員を有し、2020年度の総売上高は約9億ユーロ(約1120億円)だった。東京精密と協業することで、自動車産業を始めとした日本企業に製品やサービスを提供することが可能になる。

日本産機新聞 2022年3月20日

[ 日本産機新聞 ][ 測定工具 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト