2022年1月24日(月)

タンガロイ 工具径φ8~25㎜対応小径高送りカッタ

タンガロイ(福島県いわき市、0246-36-8501)は、工具径φ8~25㎜に対応する小径・多刃仕様の高送りカッタ「アド・ドゥー・フィード」(写真)を発売した。高送りカッタ「ドゥー・フィード」シリーズの小型部品加工向けとして開発した。

小型部品加工では、小径のソリッドエンドミルが使われることが多い。しかし、溝や堀込み加工など高負荷加工では、切込みや送りを上げるのが難しく、加工時間が掛かっていた。

アド・ドゥー・フィードは内接円径φ4㎜の小型インサートと、工具径φ16㎜で4枚、φ25㎜では7枚の多刃仕様ボディの組み合わせで、小型部品でも高能率加工を実現。小型ながら、両面仕様の4コーナタイプ、切りくずの噛み込みを防ぐインクネネーションなど、ドゥー・フィードの特長を踏襲した。

今回の発売で、大径から中径に対応する「ドゥー・フィード」と合わせて、幅広い加工領域で高能率加工を可能にした。

日本産機新聞 2021年9月20日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト