2022年6月27日(月)

【Innovation!】アシストスーツ

重量物の持ち運び負担軽く

重量物の持ち上げや持ち運びなどの作業で腰や腕にかかる負荷を軽減するアシストスーツ。近年、この需要が高まっている。背景には、従来から重量物の運搬作業は負担が大きく課題だったことに加え、労働力不足の対応として筋力の少ない高齢者や女性も活躍できる労働環境が求められるようになったことが挙げられる。アシストスーツは動力を使用する電動型(アクティブ型)と動力を使用しない非電動型(パッシブ型)に大別できる。2種類に分けて紹介する。

PART1:ATOUN(アトウン)「自然な動きをサポート」
PART2:サイバーダイン「人の意思に従った動作を支援」
PART3:ジェイテクト「狭小空間の作業に有効」
PART4:パワーアシストインターナショナル「軽量、コンパクトな電動スーツ」
PART5:ユーピーアール「クラス最軽量で導入も手軽」
PART6:イノフィス「電力不要で強い補助力を発揮」
PART7:ダイヤ工業「パワーと作業性の両立」
PART8:ルッドリフティングジャパン「ワンタッチでサポート解除」

PART1

ATOUN(アトウン)「自然な動きをサポート」

[アクティブ型] MODEL Y(腰用)+kote(腕用)

「着るロボットで現場をラクに」をコンセプトに、重量物の運搬や入出荷作業などで威力を発揮する。すでに腰用を導入している現場でも、腕付きにアップデートできる。

腕のサポートは、①小さい荷物を素早く捌ける「ダイレクトモード」、②持ち上げたまま歩いて運ぶ「ホールドモード」、③大きい荷物をバランスよく運ぶ「オートモード」の3つのモードを現場に合わせて選択できる。フレームレスなワイヤー巻き取り方式で、さまざまな動きに対応する。

腰部のサポートは、①荷物を持ち上げるときに、腰を伸ばすように体を持ち上げる「アシストモード」、②歩き始めるとモーターがオフになり歩行を妨げない「歩行モード」、③荷物を下ろす時は上体を支えてゆっくり下ろす「ブレーキモード」—の3つの作業モードに自動で切り替わる。

スペック

  • 構造  :腰はY字フレーム、腕はフレームレス
  • 動力  :アクティブ(電動)
  • 補助力 :腰部:最大10kgf、腕部:最大12kgf
  • 本体重量(バッテリーを含む):腰用:4.5kg、腰と腕用:5.8kg 
  • サイズ :フリー
PART2

サイバーダイン「人の意思に従った動作を支援」

[アクティブ型] 「HAL」腰タイプ作業支援用

生体電位信号を読み取ることで、装着者の意思に従った動作を支援する装着型サイボーグ。物の持ち上げや運ぶ際の腰部への負荷を約40%低減することができる。

本体重量3.1kgのコンパクトな軽量モデルで、長時間の作業でも邪魔にならず、誰でも負担なく使用できる。また、装着性にも優れ、10秒ほどで装着可能。ボタンは3つ、作業に合わせて5段階のアシストを選択できる。

IoH(ヒトのインターネット)/IoT(モノのインターネット)デバイスとしての機能も搭載する。作業負荷を可視化し、導入効果の検証、分析、改善を行うことができる。製品だけでなく、作業負荷の可視化検証サービスも提供する。

物流、工場、空港、建設現場の他、農業や災害現場など幅広い分野に適している。

スペック

  • 構造  :フレーム(外骨格型)
  • 動力  :アクティブ(電動)
  • 本体重量:3.1kg(バッテリ込)
  • サイズ :縦292㎜・横450㎜ ・高さ522㎜
PART3

ジェイテクト「狭小空間の作業に有効」

[アクティブ型] J-PAS LUMBUSⅡ

作業動作に応じてアシスト力を調整でき、滑らかでメリハリのあるパワーアシストを実現した。開発テーマは安全な職場づくりを通して、社会貢献を担う製品を実現し、様々な作業現場での腰の負担の軽減を目指すことで、長時間作業による疲労の軽減や作業効率の低下を抑制し、製造や物流関係での重量物の持ち上げ、積み下ろし、積み替え、長時間の中腰作業、土木関係の掘削作業、農業の収穫や運搬など様々な現場で活躍できる。

本体幅440㎜と業界最小幅(同社調べ)を実現し、狭小空間の作業にも有効。アシスト力の設定切り替えも可。装着は3ステップ(腰ベルト→胸ベルト→太腿ベルト)と装着時間はわずか30秒。多様な作業姿勢(開脚や屈伸)が取りやすく、複合的な作業の連続連続性を提供する。装具の交換(自分専用ベストが持てる)、洗濯も可能。

スペック

  • 構造  :フレーム
  • 動力  :アクティブ(電動)
  • 補助力 :約30Nm
  • 本体重量:4.5㎏(装具除く)
  • サイズ :フリーサイズ
PART4

パワーアシストインターナショナル「軽量、コンパクトな電動スーツ」

[アクティブ型] PAIS-M100

PAIS-M100は、和歌山県から研究支援を受けて開発、生産された、量産型パワーアシストスーツ。本体は4・7kgと軽量コンパクト。電動モータを用いて、1台で持ち上げ、持ち下げ、中腰維持、歩行の4つのアシストが、身体の動きに遅れずにできる。

重量物の持ち上げ時には、10kg〜15kgのパワーで腰をアシスト。また持ち下げ時にも、ブレーキアシストが作動する。そのほか、中腰姿勢を維持し続ける際は姿勢保持アシストを、重量物運搬時の歩行では股関節のアシストを行う。

工場や物流現場での重量物の持ち上げ・持ち下げ作業や、建設での鉄筋結束などの中腰作業のほか、介護現場での移乗・入浴・排泄の介助や体位変換、農業現場の摘花・摘果の際の中腰作業など、幅広い場面で活躍する。

スペック

  • 動力:アクティブ(電動)
  • 補助力:約10〜15kg
  • 本体重量:約4.7kg
  • サイズ:高さ450㎜×幅420~550㎜×奥行250~350㎜
PART5

ユーピーアール「クラス最軽量で導入も手軽」

[アクティブ型] 「SUPPORT JACKET Ep+ROBO」

非電動型(パッシブ型)よりもパワフルでありながら、従来の電動型(アクティブ型)の「高価・重い」という課題を解決した、軽くてかさばらずスタイリッシュなアシストスーツ。

左右のモータが独立して動き、あらゆる動作に対応。荷物の持ち上げ、持ち下げ、前傾維持などの際に上体を補助し、腰の負担を軽減する。また、移動の際には自動で歩行モードに切り替わるため、歩行を妨げない。

本体重量は3.4Kg(バッテリ含む)と動力型タイプでは最軽量クラスの重さを実現。長時間の作業でも少ない負荷で使用できる。加えて、装着によるストレスも極限まで減らした。

重量物の持ち上げ、降ろす作業、荷捌き作業、長時間の中腰作業や前傾維持作業などに適している。

スペック

  • 構造  :前フレーム有り
  • 動力  :アクティブ(電動)
  • 補助力 :最大10Kgf
  • 本体重量:3.4kg(バッテリ含む)
  • サイズ :フリー(想定装着者身長155~190㎝、腰囲66~117㎝)
PART6

イノフィス「電力不要で強い補助力を発揮」

[パッシブ型] マッスルスーツEvery

企業理念である「生きている限り自立した生活を実現する」を目指し、様々な作業現場で働く人たちの「腰の負荷軽減」を目的として開発された。より多くの現場で活用してもらうために、「強い補助力で、より軽く、より低価格に」を実現した。

電力不要で空気の力で働く「人工筋肉」を採用し、強い補助力を発揮する。また、軽量で簡単に装着できることも特長の一つ。慣れれば10秒ほどで装着可能。加えて、防水・防塵規格「IP56」で、屋外や水場での作業でも使用できる。

中腰を維持して行う作業(農業、介護、製造業でのピッキングなど)、人の移乗・抱え上げ(介護)、重量物の持ち上げ(製造業、農業、物流倉庫、建設現場など)に適している。各サイズにソフトフィット、タイトフィットの2タイプがあり、計4種類を揃える。

スペック

  • 構造  :フレーム(外骨格型)
  • 動力  :パッシブ(圧縮空気による人工筋肉)
  • 補助力 :最大25.5kgf
  • 本体重量:3.8kg(カバーを含まない)
  • サイズ :SM、ML
PART7

ダイヤ工業「パワーと作業性の両立」

[パッシブ型] DARWING Hakobelude(ダーウィンハコベルデ)

従来のアシストスーズは、手ごろな値段のものはパワーが足りず、モーターが搭載された電動タイプは重くて装着自体が負担、フレームが干渉して自由に動けない、などの課題があり、実用性に難があった。そこで、十分なアシスト力と着用中の負担軽減、体の動きを妨げないことを目的に開発されたのがDARWING Hakobelude(ダーウィンハコベルデ)だ。

アシスト力と軽量柔軟性を両立した点が大きな特長。オリジナル開発した空気圧人工筋肉と高反発ゴムの作用で、ピッキング作業などでの中腰姿勢の維持を楽にし、重量物の持ち上げ動作もアシスト。特に負担のかかる腰部を守るため、体の背面の筋肉をサポートする。リフトなどの乗り物にも装着したまま乗ることができ、高い作業性とパワーを両立している。

スペック

  • 構造  :フレームレス
  • 動力  :パッシブ(非電動)
  • 補助力 :約12kgf(使用状況により変動)
  • 本体重量:約0.8kg
  • サイズ :M、L
PART8

ルッドリフティングジャパン「ワンタッチでサポート解除」

[パッシブ型] リフトスーツ

繊維素材(弾性部品を内蔵)による反力で、作業者の身体の動きをサポートする。5~20㎏の荷物を手で持ち上げる時に約25~35%、前傾姿勢で作業する時に約40~60%、腰と背中の筋肉への負担を軽減することができる。

素材が繊維なので軽量(900g)で、装着時の身体への負担が少ない。折りたたむこともでき、持ち運びがしやすい。反力によるサポートは両肩のベルトを調整しワンタッチで解除でき、着たままフォークリフトを運転でき、座って休憩してもストレスを感じない。

スイスのオキシーボ社のリフトスーツで、ルッドリフティングジャパンは今年5月に日本国内での販売を始めた。重量物を持ち運ぶ作業の多い物流や農業、医療介護、製造業などに需要を見込んでいる。

スペック

  • 構造  :フレームレス
  • 動力  :パッシブ(非電動)
  • 本体重量:0.9㎏
  • サイズ :M、L

日本産機新聞 2021年8月20日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト