2024年6月16日(日)

イグス 2020年の売上4.7%減

オンライン販売が好調

フランク・ブラーゼCEO

ケーブル保護管や可動ケーブルなどを手掛ける独イグス社は6月28日、オンラインで記者会見を開いた。2020年の売上高が前年比4.7%減少したと発表した他、新工場の建設や環境対応に向けた新たな目標や取り組みを紹介した。

20年は新型コロナウイルスの感染拡大による景気低迷の影響で前年を下回った。一方で、バーチャル展示会などウェブを活用した施策が奏功し、新型コロナの影響を軽微に抑えることができた。昨年設置したバーチャル展示会は新製品や新提案を紹介し、これまでに5万5000人が利用、1万6000のツアーが組まれている。

フランク・ブラーゼCEOは、「新型コロナの感染拡大は業績に影響を及ぼした。一方で、リモートでの販売を学ぶことができた」と話す。足元ではオンラインの売上が増加しており、今年1‐5月期の売上は前年同期比62%増となった。

こうした需要増加に対応するために、ドイツ・ケルンの本社工場近くに新工場を建設している。広さ2万4000㎡、射出成形機330台の導入を予定し、生産能力は1.5倍に向上するという。すでに仮設工場で成形機100台が稼働し、生産を開始している。

また、環境対応に向けた新たな事業目標も示した。「これまでの“モーション・プラスチックによる可動部の改善”に加えて、“カーボンニュートラルと樹脂廃棄物ゼロ”を掲げた」(フランクCEO)。目標達成に向けて、廃プラスチックのリサイクル技術を持つ英Mura Technology社への投資を行い、使用済み製品のリサイクルに取り組む他、社内の電子機器の再利用、二酸化炭素(CO2)排出量の削減などに取り組んでいる。

フランクCEOは、「非常に困難な目標で到達できない可能性もあるが、大きな進歩を遂げるためにも達成を目指す」としている。

日本産機新聞 2021年8月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト