2022年1月18日(火)

換気状態を見える化  −NKE−

CO2れんら君 −感染症対策に最適−

 自動化機器などを手掛けるNKE(京都市伏見区、075-924-0653)は室内の二酸化炭素(CO2)濃度を測定し、換気状態を見える化する「CO2れんら君」(写真)を発売し好評を博している。昨今、新型コロナウイルスやインフルエンザなど感染症対策として換気の重要性が高まっており、CO2濃度を可視化することで最適な換気を実現することができる。

 同製品は空気中のCO2をセンサで測定し、モニタやパソコン、スマートフォンなどにリアルタイムで表示し、専用アプリで遠隔操作も可能だ。オフィスや工場など人が集まる空間のCO2濃度を見える化することで最適な換気を図ることができる。さらに、警報ブザーの有無やメール通報の条件・宛先も設定でき、過去400日分の記録も自動で保存できるため、分析用途でも活用可能。

 計測機能は温度、湿度、人感(回数)、二酸化炭素濃度、音。表示機能は二酸化炭素濃度、温度や湿度に加え、熱中症警戒レベルやインフルエンザ警戒レベルなども表示する。

日本産機新聞 2021年2月20日

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【この人に聞く】アルム ・平山 京幸社長「加工プログラムを自動作成」

作成時間、大幅に削減・技能者は高度な仕事に力 自動機などを手掛けるアルムは今年9月、AI技術で3D製品モデルから切削加工プログラムを自動作成するソフトを出荷開始した。長年の経験やノウハウを持つ技能者が手間をかけていた作成 […]

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

トピックス

関連サイト