2023年2月7日(火)

ロボットラボ開設 −HCI –

ロボの普及促進へ

出入り口に設置された検温ロボ

 ケーブル・ワイヤー製造装置やAI・ロボットのシステム開発を手掛けるHCI(大阪府泉大津市、0725-20-6266)は11月12日、泉大津市の商業施設「アルザタウン泉大津」の3階に「HCIロボット・AIラボ」を開設し、披露会を開催した。

VR体験の様子

 ラボ内には川崎重工や三菱電機、安川電機などの産業用ロボット17台と自社開発のサービスロボットを1台、コンベヤなどの周辺機器を設置。披露会ではラボ内に設置されたロボットについて、それぞれのロボットメーカーが解説したほか、それぞれセミナーなども開いた。また、VRを用いたシミュレーションシステムの実体験も行った。

 同社はロボット・AIラボの目的は、「要素技術検証」「提案」「デジタル技術による変革」の3つのスピードを向上させること。

 「要素技術検証」は、26社のロボット、周辺機器メーカーとのパートナー連携で、ロボットやハンドやカメラなどがラボに常設。それらを用いて、ワークがカメラで認識できるか、ハンドで把持できるかなどをすぐに確認できるようにすることで実現。「提案」のスピードは、シミュレーターを用いてロボットを導入した場合の生産性を目視で確認できるようにして、向上させる。また、5Gやデジタルツイン技術の活用で「デジタルによる変革」のスピードを向上させる。

 奥山剛旭社長は、「泉大津、南大阪を中心にロボットの普及をこれまで以上のスピードで進めていきたい。今回開設したロボットラボをその拠点としていきたい」としている。

日本産機新聞 2020年12月20日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト