2022年5月27日(金)

状態監視システムを発売 −住友重機械工業–

ギアモータの故障未然に検知

 住友重機械工業(東京都品川区、03-6737-2000)はこのほど、ギアモータの故障を未然に検知する「状態監視システムS‐CMS」(写真)を発売した。既存のギアモータに振動センサを取り付け、稼働中の状態を常時監視。故障の予兆を把握することで、突発的な故障の防止や計画的なメンテナンスにつなげることができる。

 同システムは、ギアモータ本体に取り付ける振動センサと振動データを処理する検知ユニットで構成される。「ハイポニック減速機」や「サイクロ減速機」などの同社製品に取り付けることができる。検知ユニットは4チャンネルと12チャンネルの2種類を揃え、最大12個の振動センサをつなげることが可能。Ethernetで上位PCと通信でき、オプションでWi‐Fiにも対応する。検出した振動データは時系列などでパソコンで見ることができる。

 振動データの変化から劣化傾向を把握し、未然に故障を検知するため、計画的なメンテナンスや予備機の準備が行え、予防保全による生産ラインのダウンタイムの短縮につなげることができる。標準価格は、振動センサが3万1800円(税別)、検知ユニットは4チャンネルが14万2300円(同)、12チャンネルが22万3500円(同)から。

日本産機新聞 2020年12月5日

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト