2022年12月10日(土)

三叉路…

 〇…日本金型工業会はこのほど、業界の指針となる「令和時代の金型産業ビジョン」を策定した。その中で、会員に対し「工場から企業」への変革を促している。「言われたものを安く早く作るだけの工場ではなく、顧客に価値を提供し、利益を追求する『企業』を目指そう」という意味だ。

 〇…顧客価値については、品質、コスト、納期だけではないと指摘。顧客の手間の払しょく、能率の向上、社会的価値を高めるサポートなど幅広いとしている。そして、価値提供の戦術として、連携やM&A、IoTの活用など様々な手段を示している。

 〇…ある販売店の経営者は「顧客価値」の視点は工具販売店にとっても重要だという。「商品を提案する時間が顧客の作業を止めていないか。無駄な納期確認の電話をさせていないか」。顧客にとって価値があるかどうか。その視点に立てば、必要、不要のものが見えてくるという。

 〇…顧客数だけ価値はあるし、価値を高める提案は多くあるだろう。何をどのように売るかではなく、それぞれの顧客が重視している価値は何か。それを最大化するためにできることは何か。少し立ち止まって、そんなことを考えてみたい。

日本産機新聞 2020年11月20日

[ コラム ][ 三叉路 ] カテゴリの関連記事

三叉路…

○…エントリーモデルの5軸加工機、研削盤に後付けできるワーク供給ロボット。投資コストが比較的少なく導入ノウハウもそれほど要らない。DXやAMの最新技術に注目が集まる一方でそうした手が出しやすい自動化の提案が目立った。先週 […]

結論、理由、詳細が順 電話、対面を有効活用 〜仕事考〜

ホウレンソウ 今月、JIMTOF2022がリアル開催され、東京ビッグサイトは来場者でごった返した。コロナ禍を心配しながらリアルビジネス再開である。そこでオンラインツールの有効活用を前提に、仕事の変わらぬ基本を今一度考えた […]

三叉路…

○…新分野展開、業種転換、事業再編などといった思い切った事業再構築に挑戦する企業をサポートする「事業再構築補助金」。2021年にスタートしたこの補助金は、これまでに10万件以上の公募があり、6回までで約5万件が採択されて […]

トピックス

関連サイト