2022年5月19日(木)

三叉路…

 〇…日本金型工業会はこのほど、業界の指針となる「令和時代の金型産業ビジョン」を策定した。その中で、会員に対し「工場から企業」への変革を促している。「言われたものを安く早く作るだけの工場ではなく、顧客に価値を提供し、利益を追求する『企業』を目指そう」という意味だ。

 〇…顧客価値については、品質、コスト、納期だけではないと指摘。顧客の手間の払しょく、能率の向上、社会的価値を高めるサポートなど幅広いとしている。そして、価値提供の戦術として、連携やM&A、IoTの活用など様々な手段を示している。

 〇…ある販売店の経営者は「顧客価値」の視点は工具販売店にとっても重要だという。「商品を提案する時間が顧客の作業を止めていないか。無駄な納期確認の電話をさせていないか」。顧客にとって価値があるかどうか。その視点に立てば、必要、不要のものが見えてくるという。

 〇…顧客数だけ価値はあるし、価値を高める提案は多くあるだろう。何をどのように売るかではなく、それぞれの顧客が重視している価値は何か。それを最大化するためにできることは何か。少し立ち止まって、そんなことを考えてみたい。

日本産機新聞 2020年11月20日

[ コラム ][ 三叉路 ] カテゴリの関連記事

使わないほど大きくなる 甘えず、稲穂のごとく-仕事考-

強くて脆い「信用」 人から信用して貰うということ、信用を築き上げることは一朝一夕にはできない。誰もがよく知っている。 中小零細企業やスタートアップ企業は、信用を得るために日夜努力をしている。もちろん大企業も同じだが、信用 […]

三叉路…

〇…寒い冬も過ぎ、桜の開花と共に春がやってきた。商社各社では新入社員の入社式を行い、新年度がスタートした。先日、販売店の社長と「女性活躍」や「ダイバーシティ」について話した。機械工具業界も女性の活躍が課題となっていたが、 […]

付加価値を生む人に コツコツ地道に、常に考える -仕事考-

期待の新入社員 今年も、もうすぐフレッシュな若者たちが日本の基幹産業、機械・工具業界に入ってくる。コロナ禍で就職活動も採用活動も大変だったろう。 麦は少し伸びた頃に踏み倒され、伸びてきたらまた踏み倒され強くなる。若者たち […]

トピックス

関連サイト