2022年5月28日(土)

アフターサービスを強化 –サンドビック–

対応製品を拡大

再研磨・再コーティング

 サンドビックは瀬峰工場内(宮城県栗原市瀬峰)に、リコンディショニングセンター瀬峰を開設し、再研磨・再コーティングといったアフターサービスを強化する。以前より顧客からのニーズも高く、同センターでCoroDrill860‐SMと今春発売したCoroDrill860‐GMの再研磨・再コーティングも開始し、対応可能な製品数を拡大させた。

 アフターサービス強化によって購入した超硬ソリッド工具製品の品質の維持や長期活用が可能になるため、ユーザーのメリットは大きい。また、再利用することで環境への配慮やコスト削減も実現することができる。同社は日本国内のサービス稼働で受注から納入までの期間を大幅に短縮し、迅速な対応が可能になると期待している。

 同センターは同社がグローバルで設定する再研磨・再コーティング技術の高い基準をクリアしており、対応可能な製品、サービスも今後拡充していく予定だ。

日本産機新聞 2020年10月5日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト