2022年5月19日(木)

つなぐ複合専門商社に –ユアサ商事 –

ユアサ炭協会本部会総会

「中期経営計画の戦略」を説明

 ユアサ商事は9月4日、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で、仕入先メーカーで構成するユアサ炭協会本部会総会を開催した(写真)。コロナ感染対策として、出席者174人が十分に距離を保てるスペースを確保。ビデオ会議システムも活用し、116人がオンラインで参加した。

 総会の冒頭で、本部会会長のオークマの花木義麿会長があいさつ。「バーチャルとリアルの両方を使いこなすことが新たなステイタスになる」とし、11月と12月にユアサ商事が開くリアルとウェブを融合させた展示会「Growingフェア」に期待を寄せた。

 ユアサ商事の田村博之社長が業績報告に加え、近春に策定した中期経営計画「Growing  Together  2023」を説明。23年に売上高5450億円とする目標達成に向け、コア事業の強化と、海外やロボ・IoTなど成長分野の取り組みを解説した。

 田村社長は目指す方向性について「メーカーと販売店、ユーザーの一方向だけでなく、異業種間や、匠と未来の技術など様々な形の『つなぐ』を実現する複合専門商社グループにしていく」と述べた。

日本産機新聞 2020年9月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト