2022年6月26日(日)

小型旋盤でのアルミ加工に最適–三菱マテリアル–

PCD材種

 三菱マテリアルはこのほど、非鉄金属旋削加工用PCD材種「MD220 VCGW形」(写真)を発売した。小型旋盤や自動旋盤によるアルミニウム合金や非鉄金属部品の加工に適している。超高速仕上げ切削にも対応できる。

 35度ひし形のポジティブインサート。中粒のダイヤモンドを焼結した材種で耐摩耗性と耐欠損性のバランスに優れている。刃先強度が高く、勝手が無いため、外径及び内径加工など幅広い加工に使用することができる。

 ラインアップはコーナー半径0.1㎜、0.2㎜、0.4㎜の3アイテム。標準価格は1万1040円(税抜き)。

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト