2022年1月24日(月)

超薄型の精密位置検出器 –三菱重工工作機械–

リニアモータにも対応

 三菱重工工作機械(滋賀県栗東市)は、機械の位置決め・送りなどをデジタル検出する超薄型の精密位置検出器「MPFAシリーズ」(写真)を開発、7月から本格販売を開始した。

 主に工作機械向けに販売してきた「MPスケール」の特長を活かし、スケール部分を薄型にすることで、軽量で巻き取り可能なテープ式とした。また、コストを抑えたつくり込みにより低価格での提供を実現した。高精度・高速な制御を求める産業機械分野の需要に対応する。

 MPFAシリーズは、分解能0・1μm、応答速度30m/秒と高分解能・速度を実現。より高速・高精度な制御を求めてコイルと磁石で駆動するリニアモータと精密位置検出器を組み合わせた駆動方式の需要が高まる中、従来10㎜程度あったスケール部分の厚みを、テープ式を用いて0・4㎜まで薄くしたことで、リニアモータのステージ(台)の中に入る薄型のスケールとした。また、完全非接触構造とすることで、経年変化による精度劣化を無くし長期的に高い精度の位置検出が可能。

 工作機械業界では、長時間かけて精度高く加工することが求められるため、産業用機械向けのスケールよりも高精度な位置検出器が用いられる。また、加工時の切りくずや油などが発生する環境にも強い検出器を必要とする。MPFAシリーズは、これらのニーズに対応した既存検出器の特長を継承。電磁誘導方式を採用してゴミ・油・結露などの環境に対する耐久性を有し、高精度な検出器となっている。

 さらに、パソコンに接続するだけで、スケールとヘッド間の隙間や現在位置を数値表示できるモニター機能“MP VIEW”を標準装備。組み立て時の調整や保守にも便利な仕様となっている。

日本産機新聞 2020年8月5日

[ 日本産機新聞 ][ 測定工具 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト