2020年10月29日(木)

焼入れ鋼の仕上げ加工 –日進工具 –

4枚刃のCBNラジアス

 日進工具は5月下旬、焼入れ鋼の仕上げ加工に特化した4枚刃の小径CBNラジアスエンドミルシリーズを発売する(写真)。新形状の採用で仕上げ精度の向上に加え、多刃化することで加工効率の改善につながる。

 発売するのは「CBNスーパーハイプレシジョンラジアスエンドミルSHPR
400」。切削抵抗を軽減し、仕上げ精度の向上につながる新たな刃形状を採用。ワーク側にかかるZ方向への力を抑えるなど、長時間の仕上げ加工でも高い面精度が得られる。HRC60の焼入れ鋼の14㎜角のポケット加工で、30個以上加工しても1μm程度の面粗さを確保できたという。

 同社の高い研削技術を活かし、これまで難しいとされてきたφ0.1㎜での4枚刃を実現。多刃化することで、加工効率の改善につながる。サイズは極小径のφ0.1㎜からφ3㎜まで全 109サイズをそろえた。

日本産機新聞 2020年6月5日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

マイクロエアグラインダ 購入で工具プレゼント −ムラキ–

キャンペーン実施  ムラキ(東京都中央区、03-3273-7511)はマイクロエアグラインダを購入すると砥石や超硬バーをプレゼントする「マイクログラインダ5+2キャンペーン」を実施している(写真)。期間は11月30日まで […]

「現場の相棒」を寄贈 −ノダキ –

ボランティアスタッフの熱中症対策  機械工具商社のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は今年7月の豪雨で被災した地域のボランティアに従事する約2000人のボランティアスタッフに、「現場の相棒 塩ビタミンゼリー […]

IoT機器発売 −ユーエイ–

キャスターやセンサ 誰でも簡単にシステム構築 組み合わせ自由 ものづくりの様々な現場に  ユーエイ(大阪府東大阪市、06-6747-5607)は、センサやゲートウェイなどのシステム構築が簡単にできるIoT機器を発売した。 […]

トピックス

関連サイト