2021年6月12日(土)

内需前年同月比51.4%減 –工作機械 4月受注–

中国は回復傾向か

 日本工作機械工業会は2020年4月の工作機械受注額(確報値)が561億4千万円だったと発表した。前年同月比48.3%減で、10年1月以来、10年3カ月ぶりに600億円を下回った。内需は211億4900万円(同51・4%減)、外需は349億9400万円(同46.3%減)だった。

 内需は、新型コロナウイルス感染拡大による経済減速が影響し全需要業種が減少。一般機械が前月比40・1%減の93億2600万円、自動車が前月比35%減の48億6100万円など受注比率の高い業種が低迷した。

 外需は、米国が前年同月比41・8%減の108億600万円、ドイツが同81・3%減の8億500万円、イタリアが同86・4%減の2億6300万円など、感染拡大が起こった国が低迷した。一方、中国は同26%減の115億6100万円と減少したが前月比では2・3%増加し、各国に先駆けて回復傾向にある。

日本産機新聞 2020年6月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

ショールームを拡張  −伊東電機 創業75周年−

ユーザー体験を強化  伊東電機(兵庫県加西市、0790-47-1216)は本社のイノベーションセンターの面積を拡張し、MDR式マテハンシステムを展示することで、物流の入庫、保管、仕分け、出荷といった一連の全体最適を提案す […]

愛知県フェンシング協会とコラボ  −ノダキ−

『フェンシングの相棒』  愛知県フェンシング協会は2021年6月12~13日にかけ、スカイホール豊田(愛知県豊田市)で国内フェンシングイベント最大規模の「2021 AICHI FENCING FESTIVAL」を開催する […]

ピンポイントも周囲も明るく −パナソニック−

2WAYの工事用充電LEDライト  パナソニック(大阪府門真市、06-6908-1131)はこのほど、事務所の天井裏や工場の天井部など暗い配線作業の現場で、狙ったポイントを明るく照らせる工事用充電LEDスポットワイドライ […]

トピックス

関連サイト