2020年10月30日(金)

R&Dオフィスを開設京都機械工具

幅広い業種と連携

 KTCの愛称で親しまれる京都機械工具は京都府相楽郡精華町にあるけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)内に「けいはんなR&Dオフィス」を開設し、幅広い業種との交流や連携など研究開発の環境を整え、IoT関連ツールであるTRASASシリーズ強化など、ヒト作業のIoT化を進める。

 R&Dオフィスが入所するKICKは研究開発を行う大学や企業が集う関西文化学術研究都市にあり、オープンイノベーションをテーマに産学連携や情報交流の場を積極的に展開している。同社の伊吹和彦常務はR&Dオフィス開設について「今後のTRASASの研究テーマは人によってバラツキのある作業レベルをどうやって同じ品質にできるかで、IoTやARなど最新技術による作業支援ツールの開発を進めている。KICKは様々な異業種が入所しており、我々もスマートエネルギーやICT分野で参画することで人材や情報交流の場として大きなメリットがある」と説明。また、施設内には大会議室もあり、社内教育や商品説明会の場として利用する考えを示した。

 TRASASシリーズは工具や計測機器にセンシング技術を搭載し、測定データをパソコンに送信できるシステム。これまでトルク値を計測するトルクルをはじめ、自動車整備向けのタイヤデプスゲージやブレーキパッドゲージを発売したほか、e‐整備という点検記録簿の独自アプリケーションも開発し、手書きの多い整備現場のデジタル化を図り、IoTによって作業手順から作業記録までのトレーサビリティの向上につなげる。今年3月には鉄道車両向けに、日立製作所とコンテンツ作成などを手掛けるYAMAGATAと共同で、AR(拡張現実)技術を用いたボルト締結作業管理システムを発表するなど、工具開発に加え、新技術を用いたシステム開発にも注力している。

 

日本産機新聞 2020年4月20日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 未分類 ] カテゴリの関連記事

「現場の相棒」を寄贈 −ノダキ –

ボランティアスタッフの熱中症対策  機械工具商社のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は今年7月の豪雨で被災した地域のボランティアに従事する約2000人のボランティアスタッフに、「現場の相棒 塩ビタミンゼリー […]

ゼネテックとブロードリーフ 相互代理店契約を締結

ゼネテックとブロードリーフ 相互代理店契約を締結

「FlexSim」と「OTRS」  ゼネテック(東京都新宿区、03-3357-3044)とブロードリーフ(東京都品川区、03-5781-3100)はこのほど、シミュレーションソフトウェア「FlexSim」と動作分析ソフト […]

ロボットシミュレーションソフト 大学などへ無償提供     −IDECファクトリーソリューションズ–

 IDECファクトリーソリューションズ(愛知県一宮市)は10月5日、産業用ロボットや協働ロボットのプログラミングができるロボットオフラインシミュレーションソフト「RoboDK」(写真)を、ロボット工学が学べる高等専門学校 […]

トピックス

関連サイト