2024年6月25日(火)

受注額260億円
関西グランドフェア

生体認証やVRなど
セキュリティも今後のテーマ

 9月20~21にかけてインテックス大阪(大阪市住之江区)で開かれた関西グランドフェア写真)は受注額260億円、来場者数は1万3624人になったと発表し、目標額の259億円を突破した。同展は工作機械や切削工具、工作機器など生産財をはじめ、建機や住設機器など様々な分野の商品を披露した。注目だったのが生体認証やVRといった新技術で高度なシステムが必要とされる企業にとって、セキュリティ強化は今後の課題となる。

 「当社の技術は斜め顔でも認証が可能」と話すのは顔認証ソリューションを手掛けるグローリー(兵庫県姫路市)。通貨処理機メーカーとして培った技術を用いて顔認証システムを開発。情報管理の重要性が高まっており、オフィス内や食品工場などの入退室管理を求める企業で導入が増えているという。空間体験ができるVRを提案したのはメガソフト(大阪市北区)。住宅や医療施設向けのソリューションを展示。空間を見せるだけでなく編集も手軽にでき、空間のレイアウト変更も容易だ。

 建築現場でもロボット活用が模索されている。システム会社のエイチ・アイ・デーは大東建託と共同開発した小型ボードビスロボット「D‐AVIS(デービス)」を実演。職人不足で困っている建築現場向けにビス留めの自動化を披露した。各現場によって様子が異なるため、システム構築には課題も多いようだが、改良を続けて2020年12月に発売予定という。新技術が多数披露された関西グランドフェアは今後も課題解決をテーマに、提案型の展示会を目指す。

 

日本産機新聞 2019年10月17日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト