2022年1月24日(月)

部品加工の新工場
ユーエイ

試作、量産の生産力強化
3つ目の事業の柱に

 ユーエイ(大阪府東大阪市、06-6747-5607)は茨城県常総市に部品加工の工場を新設する。奈良工場に加え、関東に拠点を新設することでデリバリー効率を高める。需要に応える体制を整え、新規事業の部品加工サービスを成長させる。今年10月にも稼働する。

 新工場(延床面積約1千㎡)にはマシニングセンタ4台を導入する。自動車や物流機器、医療機器、産業機器向けの部品を加工する。今後さらに加工機を増やし、部品加工の売上高を2020年3月期に1億3600万円、21年3月期に3億円に伸ばす計画だ。

 新工場で加工する素材はスチールやアルミ、銅、樹脂、はじめチタン合金やステンレスなど幅広く対応する。試作や量産を、材料調達や加工、熱処理、品質検査まで一貫して手掛ける。

 ユーエイはキャスターメーカーで、その部品を奈良工場で加工している。その技術と生産設備を生かして今年6月、新規事業として部品加工サービスを開始した。

 今回工場を新設するのは、生産能力を高めることと東日本の取引先に加工した部品を早く届けるため。新工場は奈良工場とほぼ同じ生産能力にする計画で、関東以北の需要開拓により将来的に生産力を2倍にする。

 ユーエイは近年、事業展開の分野を広げ、成長を目指している。部品加工サービスは、キャスターの製造販売、工作機械や工具の販売に次ぐ3つ目の新事業。国内製造業の要望に応える体制をつくり、3つ目の事業の柱にしたい考え。

日本産機新聞 2019年9月20日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト