2019年2月21日(木)

機械工具商社9社 2018年4-9月期決算

全社が増収、8社増益

 機械工具商社の業績が好調だ。上場9社の2018年4‐9月期決算(トラスコ中山は18年1‐9月期)は全社が増収、8社が増益となった。自動車や建設機械、航空機など幅広い産業で工具や機械の需要は高いまま推移。工作機械は今なお受注残が多く、この好調はしばらく続くとの見方が強い。ただ、米中の貿易摩擦や国際情勢の影響による先行きを不安視する声もある。

 日本工作機械工業会では9月、18年の工作機械受注額見通しを年初に立てた1兆7000億円から1兆8500億円に上方修正した。飯村幸生会長は、「当初の見通しを上回るペースで推移し、今後も内外需ともに堅調に推移すると見込んだため」と理由を語った。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を更新する。

 こうした状況は、工作機械を取り扱う機械工具商社の業績にも好影響を及ぼしている。山善の機械事業部は前年同期比9.4%増の867億円、ユアサ商事の工業機械部門は同11.6%増の565億円、フルサト工業の工作機械は10.8%増加した。特にフルサト工業は、設備投資の増加などを理由に通期業績予想を当初の486億円から513億円に上方修正した。

 これまで工作機械は、直動案内機器など部材の供給不足によって、生産が受注に追いついていない状況が続いていた。ある機械メーカーでは納期が1年を超える機種もある。そのため、ある機械商社は、「工作機械は受注残があり、現場はまだまだ忙しい。下期以降も悪くない」(幹部)と先行きを見通す。

 一方、切削工具や周辺機器などの消耗品も好調。NaITOの切削工具部門は同9.4%増の122億円、Cominixの切削工具は同8.4%増の78億円となった。自動車や建設機械、航空機など幅広い産業で需要が高く、11月に開かれたJIMTOF2018に出展した切削工具メーカーも、「来場者の数もさることながら、商談につながるような具体的な話も多く、景気の良さを実感した」。

 トラスコ中山は機械工具商を中心とするファクトリールートが1240億円と前年同期と比べ7.1%増加した。加えて、顕著なのがミスミやMonotaROなど通販企業を中心としたeビジネスルートで、同26.6%増の223億円と大きく伸長した。

 また、IoT(モノのインターネット)や自動車の電動化によって需要が増加している半導体関連は足踏み感もあるが、引き続き好調を維持している。電子部品関連の顧客を多く持つ鳥羽洋行は143億円と3.2%増え、日伝も621億円と7.1%増加した。

 10月、11月と足元の状況も悪くない。ある工具商社は「引き続き堅調に推移している。下期も底堅い需要が続くのではないか」と話す。ただ、米中の貿易摩擦や各国の政治情勢などの影響で、「今までと違い、生産が受注を上回ってきており、不安感もある」(機械商社幹部)という見方も出始めている。

日本産機新聞 平成30年(2018年)11月20日号

社員交流会でヨガ体験<br>東京都機械工具商業協同組合(東機工)

社員交流会でヨガ体験
東京都機械工具商業協同組合(東機工)

東京都機械工具商業協同組合(小池達夫理事長)は1月25日、組合事務局(東京都港区)でヨガ体験教室を開いた。会員企業の社員など15人が参加し、汗を流した。  会員企業の社員交流会「ときメイト」の活動の一環。ヨガインストラク […]

国内生産体制刷新へ<br>新PJ「OSG4.0」が始動<br>オーエスジー

国内生産体制刷新へ
新PJ「OSG4.0」が始動
オーエスジー

 オーエスジーは、国内生産体制刷新に向けて新プロジェクト「OSG4.0」を立ち上げた。80周年を終え「OSGがOSGであり続けるために!」という思い(石川則男社長)から、「信頼を未来へつなぐ」ことがテーマ。①器としての新 […]

土岐に新工場  20年4月稼働<br>アマダホールディングス

土岐に新工場  20年4月稼働
アマダホールディングス

曲げ加工機の生産倍増  アマダホールディングスは、岐阜県の土岐事業所内に金属の曲げ加工機や自動搬送装置を生産する第二工場を新設する(写真)。2020年4月の稼働予定で、生産能力を従来に比べ倍増させ、高まる加工効率化や自動 […]

トピックス

関連サイト