2019年7月21日(日)

一気通貫でソリューション提案
ヴェロソフトウェア マーク・フリーブリー氏

この人に聞く2018

 金型設計製造向けCAD/CAMシステム「VISI」などを手掛けるヴェロソフトウェア。創業からM&A(合併と買収)などによって製品ラインアップを拡大し、最近では「WorkNC」や「Edgecam」を追加するなど、10ブランド以上のソフトウェアを提供している。2014年にはスウェーデンの測定機器メーカー・ヘキサンゴンの傘下に入ったことで、見積もりから設計、加工、検査まで一気通貫でのソリューション提案が可能になった。グローバルマーケティングディレクターのマーク・フリーブリー氏に同社の戦略や今後の展開などを聞いた。

ー日本市場をどう見ているか。
 日本は当社における全世界の売上の約7%を占め、アメリカ、ドイツ、イギリスに次いで4番目に大きい。日本の金型メーカーは世界トップレベルの高い技術力をもっており、非常に重要な市場だと捉えている。

ーヴェロソフトウェアの強みは。
 豊富な製品ラインアップから各製品の良い機能を抽出し、他製品に反映させられることが大きな強みだと考えている。例えば、荒取り加工用パス「Waveform」は、元は「Edgecamの機能だったが、「VISI」や「WorkNC」にも搭載し、機能を強化した。こうした一体となった開発によって開発スピードが早まり、より迅速にユーザーのニーズに応えることができる。

 また、ある調査会社によると昨年の当社のライセンスインストール数は30万以上で世界トップだった。

 世界中で集約したあらゆる知識を各国に提供できることも強みのひとつだ。

ーヘキサゴンとのシナジー効果は。
 ヘキサゴンの傘下に入ったことで、見積もりから設計、加工、解析、測定まで製造工程全体に対して一気通貫でソリューション提案ができるようになった。三次元測定機で測った結果をCADデータにフィードバックして製作期間を大幅に短縮するなど、提案できるソリューションの幅は大きく広がった。

 また、2021年までにはヘキサゴンと共同で中国に約100億円をかけて新しい研究施設を設立する予定だ。新技術をテストして実際に使えるようにつくり上げていくことで、新しいソリューションをユーザーに提供していきたい。

ー今後の開発の方向性は。
 人材不足が課題となるなか、どんな作業者でも作業できるようにするために技能者の専門的な知識をいかにソフトウェアに反映させるかが大きなテーマになるだろう。当社でもフローチャート形式で簡単にプログラム作成できる機能「StrategyManager」や加工プログラムをテンプレート化できる「Designer」という製品などを開発している。今後も熟練技能者に依存せずにものづくりが可能なソフトウェアの開発に注力したい。

日本産機新聞 平成30年(2018年)9月20日号

日本でどう伸ばす
イグス 北川 邦彦 社長に聞く

 日本に初めてイグスの製品が紹介されてから30年以上。これまでに、工作機械を中心に様々な産業分野で採用が進み、ケーブル保護管では国内トップシェアを誇るまでに成長してきた。一方で、「日本はまだまだ成長できる市場。5〜6年後 […]

スイス製のグラインダ
福島鑢商店

 福島鑢商店(東京都墨田区、03・3625・2940)は、スイス・バデコ社の電動グラインダの取り扱いを始めた。小さくて軽く、長時間の作業の負担を軽減できる。ジュエリーや時計をはじめ、金型など金属加工業向けにも売り込む。 […]

エース会を開催<br>山善

エース会を開催
山善

20年度売上高6100億円目指す  山善は5月30日、ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)で、大阪支社(佐々木公久上級執行役員大阪支社長)の主要得意先で構成する大阪山善エース会総会を開き、2019年3月期の決算と新年 […]

トピックス

関連サイト