2019年3月20日(水)

ユーエイキャスター 蘇州工場に新棟
生産再編、供給力を強化

蘇州工場
蘇州工場

 ユーエイキャスター(大阪府東大阪市、06・6747・5607)は、産業用キャスターを生産する中国・江蘇省の蘇州工場に新棟を建設する(写真)。2019年に完成し20年にも稼働する。現地生産による商品供給力を強化し、中国市場で拡大する物流需要に応える。

 蘇州工場は敷地面積1万1880㎡で、余剰スペースに新棟を建てる。本格稼働に伴い20年ごろをめどに上海工場から生産を移管。自動化設備の導入などにより生産能力を現在の6億円から15億円に高める(出荷ベース)。

 上海工場は2002年に稼働し、日本国内の工場に部品を供給してきた。しかし、中国の環境規制強化などでサプライヤーの廃業や撤退が多く、一方で人件費が高騰する中、生産効率の向上が課題となっていた。

日本産機新聞 平成30年(2018年)6月5日号

2000名にプレゼント<br>インターモールド2019ポケットガイド

2000名にプレゼント
インターモールド2019ポケットガイド

 金型新聞社は、4月17日から東京ビッグサイト青海展示棟で開催される金型加工技術展・インターモールド2019のポケットガイド(3万部)を先着2000名に無料でプレゼントします。  5軸加工や精密・微細加工、自動化・効率化 […]

インターモールド2019
4月17日開幕 ビッグサイト青海展示棟

金型加工の最新技術一堂     第30回金型加工技術展「インターモールド2019」(主催:日本金型工業会)が4月17~20日、東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区、※現在建設中)で開かれる。  国内最大の金型加工技術 […]

付加価値高まる金型

付加価値高まる金型

金型の付加価値が上がっている。経済産業省の機械統計によると、金型の生産金額はリーマンショック以降の過去10年、ほぼ右肩上がりで回復した。一方、数量で見ると11年を境に減少が続いており、金型1型当たりの付加価値額は上がって […]

トピックス

関連サイト