2023年3月20日(月)

淀川電機製作所 エアブロー作業 自動化ユニット
ロボと組み合わせ可能

淀川電機製作所 エアブロー集塵作業台 送風機やエアブロー集塵作業台などを製造する淀川電機製作所(大阪府豊中市、06・6853・2621)は同社の作業環境改善機器、工作機械サイド専用エアブロー集塵作業台YMSシリーズ向けに、センサやエアノズルを搭載したユニットをオプションとして開発した(写真)。従来は特注対応していたものを標準化することで価格を抑え、自動化や省力化を求めるユーザーニーズに応える。4月1日より販売を始めた。

 今回開発したユニットは工作機械サイド専用エアブロー集塵作業台のYMS20JA(B)、YMS40JA(B)に対応。ユニットはエアーの流量調整などが可能な制御ボックスとエアー噴出センサ、エアノズルなどで構成され、作業台上部に装着する。ロボットを使った自動化ラインなどに効果があり、加工後の次工程で正確な追加工や測定を行うには、切りくずや油を除去するエアブロー作業が欠かせない。従来のYMSシリーズに開発したユニットを取り付けるだけで、センサがワークを感知しエアブロー作業の自動化を簡単に図ることができる。また、作業者が片手でワークを持ち、もう一方でエアノズルを持つような手間を省き、両手でワークを持ちエアブロー作業ができるなど、効率化・省力化にもつながる。

 担当者は「従来はオプションで製作していたが、ロボットとの使用や装置組込の増加によるエアブローの自動化というユーザーのニーズに応えようと標準化に踏み切った。本体とユニットを組み合わせることで、環境改善、効率化、省力化など様々なメリットが期待できる」と話す。ユニットの定価は15万円前後で、年間150台の販売を目標に掲げている。

日本産機新聞 平成30年(2018年)4月20日号

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト