2022年1月24日(月)

ソディック 輸入商社を設立
中国製のMCを販売

ソディック 三澤社長
三澤社長
 ソディックはこのほど、輸入商社を設立し、中国製の3軸リニア駆動のマシニングセンタ(MC)の販売を開始する。中国製でコストを抑えた一方、高精度を維持するために必要な部品は日本製などを採用。オープン価格ながら、同クラスMCより4割程度安い、1000万円程度を想定しているという。グループに汎用的なMCをラインアップに加えることで、提案の幅を広げる。

 ソディックの100%子会社ソディックエフ・ティなどが出資し、「ソディックジャパントレーディング」を設立した。ソディックで販促を担当していた三澤正一氏が社長に就き、同社OBらを含め6人でスタートする。サポートは「他社との協業も含めて進めている」(三澤社長)という。

JF500L
JF500L
 第一弾として販売するのは、中国の群基精密工業が製造する3軸リニア駆動のMC「JF500L」。BT30番主軸(最高回転速度2万2000回転)で、X軸500㎜、Y軸400㎜のストロークを持つ。中国で製造しコストを抑える一方、安定した加工品質を実現するため、ソディックのリニアモータや、THKの直動案内、ハイデンハインのスケールを採用した。

 価格はオープンだが、1000万円程度を想定しており、同社によると同タイプの機械としては4割程度安いという。受注目標は「まず月10台で年間120台を目指すが、2023年には月100台にまで引き上げたい」(三澤社長)としている。納期が長引いているメーカーも多いことから「まずは30台即納できる体制にした」という。

 ソディックも自らMCを持つが、超高精度なハイエンド機種しかなかった。今回、グループ内に汎用性の高いMCを扱うことで、ユーザーへの提案の幅を広げる。三澤社長は「輸入商社なので、将来的には他社製も含め第2、第3のブランドを確立していきたい」としている。

日本産機新聞 平成30年(2018年)2月5日号

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト