2022年5月28日(土)

グーリングジャパン ヤン ババツ社長
売上高10倍を目指す

幅広い製品群強みに

グーリングジャパン ヤン・ババツ社長
ドイツ・ベルリン出身。42才。
 昨年10月、グーリングジャパン(東京都中央区、03・3536・2800)の社長に就任した。ドイツ出身でありながら日本での豊富なビジネス経験を持つ。ドイツ本社からは日本市場でのシェア拡大を期待されている。

 「趣味は語学」というほど、多彩な言語を操るマルチリンガル。ドイツ語や日本語はもちろん、ロシア語、英語、フランス語など6カ国語を話す。「小学生のころ、ラジオから聞こえてくる何語か分からない言葉を理解したくて自ら勉強を始めた」。

 日本語を学んだのは高校時代。言葉だけでなく文化にも興味を持ち、日本に1年間留学。この経験を活かすために日本で働くと決めた。大学卒業後、切削工具メーカーのワルター社に入社し、日本に出向。3年間勤務した後に、大型工作機械メーカーであるワールドリッヒジーゲンの日本支店長を約10年間務めた。

 支店長時代は、発電や鉄鋼分野などのユーザーを中心に北海道から九州まで日本全国を営業やメンテナンスで駆け回った。「10年以上日本のものづくり現場を見てきた経験は、グーリングジャパンでも活かせると思う」。

 まず描く戦略は大きく2つ。1つは、認知度の向上。ドリルのイメージが強い同社だが、エンドミルやリーマ、ツーリングシステムなども手掛けるほか、今秋には工具管理システムを発表する。「幅広い製品ラインアップをそろえていることをもっと広くアピールしたい」。

 2つ目は国内工場の活用。同社は海外メーカーでは珍しく、愛知県に工場を持つ。「特殊工具の製作や再研磨、コーティングサービスなど日本のユーザーに合わせたサービスをより強化し、差別化を図っていきたい」。

 好きな日本語は「夢」。「夢を持つことは大事。今の私の夢はグーリングジャパンを大きくすること」。売上高を現在の10倍まで引き上げることを目標に掲げる。「十分達成できる潜在能力が当社にはあると信じている」。

日本産機新聞 平成30年(2018年)1月20日号

[ コラム ][ ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト