2019年2月21日(木)

京二 2018年9月期の重点施策
「ロボ拡販」など3項目

京二会

 京二(東京都新宿区、03・6457・5460)は昨年12月1日、仕入れ先などを集めた京二会で、2018年9月期に取り組む重点施策を明らかにした。「ロボット・自動化機器の拡販」など3項目に取り組み、売上高49億円を目指す。

 17年9月期決算の売上高が前年比2.7%増の47億5300万円だったと発表。産業機械や医療、半導体関連分野での受注が増加。切削工具や工作機械、ロボットなどが伸びた。

 営業利益は同32.3%増の1億3500万円、経常利益は同16.3%増の1億6700万円。中国製輸入製品の売上が増加したことや、工事を含む大型案件を受注したことが影響し、大幅な増益となった。

 18年9月期は、重点施策として、「ロボット・自動化機器の拡販」「中国製品の拡販」「対応エリアの拡大」の3項目に取り組む。 1つ目の「ロボット・自動化機器の拡販」では、昨年設立したロボット推進室を中心に「ロボットに強い商社」を目指す。前期もロボット、マテハンなどの売上高は1.5倍まで伸長。今期は、展示会に出展し、PRを進めるほか、周辺機器メーカーとの協業も目指す。2つ目の「中国製品の拡販」では、大手企業への採用拡大や、展示会などを活用し、さらなる売上増を目指す。3つ目の「対応エリアの拡大」では、18年1月に顧客の生産移転に伴い、関西サテライトを開設する。また、新規顧客の獲得も狙う。

 売上高は同2.8%増の48億8600万円を計画する。井口宗久社長は、「足元の状況をみると、しばらくは好況が続く見通しだが、そこだけみていては市場の変化に対応できない」とし、「従業員一丸となって新しい取り組みを進めていきたい」と話した。

日本産機新聞 平成30年(2018年)1月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

社員交流会でヨガ体験<br>東京都機械工具商業協同組合(東機工)

社員交流会でヨガ体験
東京都機械工具商業協同組合(東機工)

東京都機械工具商業協同組合(小池達夫理事長)は1月25日、組合事務局(東京都港区)でヨガ体験教室を開いた。会員企業の社員など15人が参加し、汗を流した。  会員企業の社員交流会「ときメイト」の活動の一環。ヨガインストラク […]

国内生産体制刷新へ<br>新PJ「OSG4.0」が始動<br>オーエスジー

国内生産体制刷新へ
新PJ「OSG4.0」が始動
オーエスジー

 オーエスジーは、国内生産体制刷新に向けて新プロジェクト「OSG4.0」を立ち上げた。80周年を終え「OSGがOSGであり続けるために!」という思い(石川則男社長)から、「信頼を未来へつなぐ」ことがテーマ。①器としての新 […]

土岐に新工場  20年4月稼働<br>アマダホールディングス

土岐に新工場  20年4月稼働
アマダホールディングス

曲げ加工機の生産倍増  アマダホールディングスは、岐阜県の土岐事業所内に金属の曲げ加工機や自動搬送装置を生産する第二工場を新設する(写真)。2020年4月の稼働予定で、生産能力を従来に比べ倍増させ、高まる加工効率化や自動 […]

トピックス

関連サイト