2022年6月25日(土)

テヅカ 通期見通し引き上げ
売上高104億目指す

三橋誠社長
三橋誠社長
 テヅカ(東京都大田区、03・3766・4521)は、2017年度の売上目標を期初の100億円から対前年度比で10.3%増の104億円に引き上げる。4〜9月期が対前年比で2ケタ以上伸びたことに加え、下期以降も好調に推移すると判断。期末に向けキャンペーンなども行い、売上増を目指す。

 12月1日に東京都目黒区の雅叙園で開いた、主要仕入先が集まるMTA総会で発表した。上期の売上高は前年同期比51億4000万円と11.5%増加。納期が長くなっている工作機械以外の全製品が前年同期比で増加するなど全般的に好調を維持。主力の切削工具も伸びたが、特に注力する測定機器で25%以上売上を増やした。

 下期についても好調を維持すると判断。三橋誠社長は「工作機械の納期の長期化や人材不足もあり、ユーザーは今が投資するチャンスと考えている。その流れを逃さないようにしたい」と述べた。

 こうした需要を取り込むため、下期も販促活動を強化する。12月〜3月末まで決算キャンペーンを実施。工作機械の販売に注力するほか、販売店と一緒にユーザーに出向き、測定機器の基礎講習会を行うなど、「測定OJT」も継続させる。

日本産機新聞 平成29年(2017年)12月20日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト