2021年10月21日(木)

機械・機器・切削工具 下期も好調を維持
堅調な設備投資がけん引

 工作機械を中心に4~9月期の機械工具関連業界は好調に推移している。工作機械受注は9カ月連続で対前年同月比を上回り、このままの勢いを持続できれば、通期で過去2番目に高い水準も見えてきた。工作機器の生産は今年に入り、月産130~160億円の高原状態をキープ。切削工具も同様で4月以降は毎月330億円の生産を確保している。半導体業界の設備投資の好調さや、中国での自動車やスマートフォン向け需要などに加え、国内も自動車を中心に幅広い業種で底堅さを維持しているためだ。下期以降は、機械工具上場商社では見通しを変えておらず、今の水準を維持するとの強気な見方も多い。

月別の工作機械受注
受注額の単位は百万円
右軸の折れ線は対前年同月比
公表は日本工作機械工業会

 日本工作機械工業会(日工会)の8月の受注実績(速報)は1336億4200万円で、8月の過去最高を記録し、昨年12月から9カ月連続で対前年同月比を上回る。1~8月累計では前年同期比23.8%増の1兆315億1300億円で、単純計算すると年計1兆5400億円超となり、過去2番目の高水準も見えてきた。27日の日工会の会見では上方修正するとの声が多い。

 工作機械にけん引され、工作機器や切削工具も高原状態をキープしている。日本工作機器工業会の発表では、7月の生産額は前年同月比16%増の160億4400万円で、10カ月連続で前年同月を上回る。「ボールねじや直動案内など納期が長くなっている」(ある機械メーカー)と調達の懸念さえ出ているほどだ。

 切削工具も好調を維持している。日本機械工具工業会の7月の会員生産統計によると、対前年比9%増の363億5700万円で、高い水準を維持。タンガロイの木下聡社長が「1~6月は前期比2ケタ以上の増収」と話すなど、大半のメーカーで、上期は前年を上回る水準だったようだ。

 国内では半導体業界の設備投資の増加や自動車業界の底堅さ、海外では、中国での自動車やスマホ向けの投資など、幅広い産業分野で設備投資が進んでいるためだ。日工会7月の統計でも、一般機械、自動車、電気、精密、航空・造船など主要業種は全て前年同期比を上回っている。

 下期以降をどう見るか。

 上期の好調をけん引した半導体業界。日本半導体製造装置協会によると、17年度の半導体製造装置の販売高を11%増の1兆7363億円と見込むなど、このまま好調を持続しそう。切削工具も、ダイジェット工業の古林雄一常務は「切削工具は機械から半年遅れる傾向にあり、下期以降も回復する」と話すように、下期も期待できそうだ。

 機械工具上場商社の通期見通しでは、ネット通販の好調などを理由にトラスコ中山が上方修正したが、他社は期初見通しを変えておらず、このままの水準を維持する見方が強い。

日本産機新聞 平成29年(2017年)9月25日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

ニッセイ 新ブランド「UXiMO」を開発

ロボット向けに高剛性減速機 ニッセイは、需要拡大が予測される産業用ロボットやAGV/AMRなどの移動体ロボット市場、その他FA機器市場向けに高剛性減速機の新ブランド「UXiMO(アクシモ)」を開発。今回、「DGHシリー […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 注目33社の出展製品

新たなニーズに応える最新の技術提案 今年のメカトロテックジャパンのテーマは「キカイを探そう」。2年ぶりの工作機械見本市とあって、メーカー各社は新製品や新技術を披露できる久しぶりのリアル展として力を入れている。自動車業界は […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 セミナー/ワークショップ/コンセプトゾーン

セミナー  (交流センター3階会議ホール、定員250人、聴講無料) テーマ「自動車」 クルマ作りの概念が変わる 講演①:「カーボンニュートラルを見据えたモノづくりの進化」 日時:10月20日(水) 13:00~ […]

トピックス

関連サイト