2022年5月19日(木)

京二が中国の鋳物販売
輸入商品の新たな柱

京二が販売する中国の鋳物

 京二(東京都千代田区、03・6457・6459、井口宗久社長)は中国製の鋳物部品などの材料販売を本格的に開始した。物流や在庫、メーカーへの監査も京二が担当し、安定供給を担保する。2006年から始めた中国の工具販売に続き、中国ビジネスの次の柱にしていく考えだ。

 販売を開始したのは、中国浙江省の寧波鴻成鋳造のロストワックス部品。同社は日系の建機メーカーへの納入実績も豊富で、数百グラムの小さなものから100㎏までのロストワックス鋳造部品を手掛ける。

 これまで扱っていた建機向け鋳物部品に強い北方鋳造(遼寧省)、ポンプ部品などで採用実績のあるステンレス部品の永金金属(浙江省)の販売も強化し、幅広い部品に対応する。

 供給体制も強化する。材料部品販売では品質は当然ながら、安定した供給体制も必要になる。京二で、一部商品については在庫を持ったり、ユーザーへの物流を手配したり、メーカーへの定期的な監査も行う予定で、安定供給を担保する。

 京二は2006年から株州切削工具を始め中国工具の販売を開始。約10年で5億円の売上高にまで伸ばしてきた。今回の部品販売について、井口社長は「工具に続く、新たな中国ビジネスの柱にしていきたい」と話している。

日本産機新聞 平成29年(2017年)7月15日号

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト