2022年1月24日(月)

コノエ ねじでものづくり体験

親子で参加

コノエ ものづくり体験 ねじ総合商社のコノエ(大阪府東大阪市、06・6746・1903)は8月20~21日、あべのルシアス(大阪市阿倍野区)で開かれた「あべの天王寺サマーキャンパス2016」(主催・大阪商工会議所南支部)で、「親子で楽しむ ものづくり自由研究」をテーマに、ねじを使って子供たちにピンボールなどを作る体験コーナーを設けた。参加した子供たちはお母さんと一緒に工具を使って、ネジやナットを木の板に取り付けながら、ピンボール作成に熱中していた。

 同社は今年、「虹色のネジ」というプロジェクトを、企画・制作会社のエンジンズが運営するキッズプロジェクト(大阪市、06・6231・1123)と共同で立ち上げ、ものづくりの面白さを子供たちなどに広めようと企画。キッズプロジェクトが実施する他の取り組みとも連携しながら、様々なイベントを行う予定だ。同社企画責任者の仲本威史氏は「一般の人がものづくりに触れる機会は少ない。特に次世代の子供たちに、プロジェクトを通じて、物を作る楽しさを知ってもらい、興味を持つ機会になればと思っています」と語る。

 キッズプロジェクトは今後、ネジだけでなく、歯車や金型など、虹色の○○という虹色ものづくりシリーズとして、ものづくりの世界を一般の人たちに知ってもらう機会を作っていくため、同プロジェクトに興味のある企業や団体の参加を募っていく。

日本産機新聞 平成28年(2016年)9月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト