2021年12月3日(金)

金型設計支援ソフト ミスミが無料提供

設計、部品表の作成迅速に

 ミスミグループ本社は、金型の設計作業を軽減する支援ソフト「モールド・エキスプレス」の国内での無料提供を開始した。部品の選択から設計、部品表作成までを一気に行え、設計作業全体を軽減できる。

ミスミP_R

全部品にCADデータ

 モールド・エキスプレスは同社のプラスチック型、プレス型の標準カタログに掲載している全部品情報を持つ。部品選定する際、型図、型番、履歴など豊富な検索機能で、瞬時に部品情報やCADデータが得られる。

 連携しているCADではツールバーにモールド・エキスプレスを表示でき、わざわざ部品のCADデータをダウンロードする必要がないので、ストレスなく設計ができる。また、部品の長さや径などのデータを入力すれば、自動で型番も生成し、部品表まで一気に作成できる。このため、部品表作成時での記入ミスによる誤発注を防げるほか、受注システムとも連携しており、価格と納期まで確認できる。

 現在対応しているCADはAutoCAD、NX、Solidworks、Pro/Eだが、同社では「対応CADは増やしていきたい」としている。

 また連携していないCADでも、部品データをIGESなどの中間フォーマットに落とし込むこともできるので、設計の効率化につながる。

 同ソフトは2012年日本に先立ち海外で無料配布を開始。現在では3万社5万人が使用しており、海外の大手ユーザーでは設計時間を5割改善した事例もあるという。

日本産機新聞 平成27年(2015年)8月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

ジーネット 東京機械加工システム展

11月19・20日 東京流通センターで 最新の機械や工具などの機械加工に特化した展示会「東京機械加工システム展」が11月19・20日、東京都大田区の東京流通センターの第二展示場で開かれる。最新技術や製品の展示はもとより、 […]

トピックス

関連サイト