2022年5月28日(土)

杉本商事、スギモトと経営統合

営業・仕入れでシナジー

 杉本商事(大阪市西区、06・6538・2661)は昨年12月17日付けで、機械工具販売店のスギモトを経営統合した。スギモトは兵庫県・尼崎を経営地盤とし、関西や中部地域に18の拠点を持つ。子会社化することで営業基盤や商品調達力を強化し、業績拡大につなげる。

 杉本商事は、スギモトの発行済株式のうち、創業者・杉本三郎相談役や杉本直広社長などが持つ97・37%を23億7300万円で取得。杉本正広社長と阪口尚作常務がそれぞれスギモトの取締役と監査役に就いた。
スギモトは、今後も杉本三郎氏が相談役、杉本直広氏が社長として経営を続ける。また、12月19日付けで杉本三郎相談役と杉本直広社長はそれぞれ、杉本商事の会長、常務執行役員に就任した。

 スギモトは杉本商事の尼崎営業所が源流で、1966年、杉本三郎氏が独立。2014年3月期の売上高は69億2800万円で、杉本商事とは顧客が異なるという。杉本商事は、営業基盤や商品調達力の強化に加え、両者の専門的な人材の交流によるノウハウの構築で業績や企業価値の向上を図る。
 杉本商事は今期(2015年3月期)の通期連結業績について、少なくともスギモトの14年3月期決算相当の売上高や利益が上乗せになるとみている。

日本産機新聞 平成27年(2015年)1月25日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト