2023年2月6日(月)

新社長に聞く 2014 (菱和 塩田祐二社長)

選ばれ続ける商社に

親会社の砥石メーカー・日本レヂボンから昨年、グループの研磨材商社・菱和へ。そして6月26日、社長に就任する。菱和では過去に20年、営業の最前線をまわり、支店長をした経験がある。「菱和の強みは研磨材に特化していること。改めてその専門力に磨きをかけたい」と語る。
 日本レヂボンのグループ会社・研磨資材工業に入社し、菱和には、その5年後に異動。日々、自動車や製缶、鉄鋼などの生産現場を訪問。「加工の効率化や、粉塵の処理、作業の事故防止など、様々な現場の『切る・削る・磨く』に関する要望や課題に、提案営業で応えてきた」。
 専門力とは、そうしたユーザーニーズをつぶさに吸い上げ、解決へと導くこと。「営業の最前線では、潜在するニーズも見つけ出し、課題に応える商品や加工方法を提案する」。そのためにも「営業の研磨材に関する知識や提案力を高めたセールスエンジニアを育て、一方で取扱商品も砥石を始めとした『切る・削る・磨く』という縦軸に、防錆剤や防塵・防毒といった安全衛生製品など横軸の展開を広げて、多様なニーズに応えるようにしたい」という。
 ただし、『切る・削る・磨く』というテーマからかけ離れた営業も商品展開もするつもりはない。「売上のボリュームは見込めても、研磨材商社としての企業価値は高まらない」。専門力に磨きをかけ、『研磨材なら菱和』とお客様から選ばれ続けることが目標だ。

菱和 塩田専務が社長に
 1959年生まれ、岐阜県飛騨市出身。77年に研磨資材工業(現日本レヂボン生産本部コンポジット事業部)に入社し、82年に菱和、98年名古屋支店長。2002年日本レヂボン、11年営業本部長兼業務部長。13年に菱和専務。

日本産機新聞 平成26年(2014年)6月25日号

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト