2020年9月20日(日)

新社長に聞く 2014 (イスカルジャパン 小宮信幸社長)

20年前、高橋進前社長と二人でイスカルジャパンを立ち上げた。創業時から営業本部長として、人材採用、育成や流通網の整備などあらゆる経験を共有し、方針も二人で決めてきた。だから「社長交代したからといって変わることは何もない」と言い切る。

加工効率で勝負

5-5_R
東京電気通信大学機械工学科卒。
昭和47年池貝鉄工入社、同51年京セラ入社、
平成6年イスカルジャパン設立、同年取締役営業本部長、昭和23年東京都出身。

ユーザーに提案、細やかに

変わらないこと。それは「切削工具を通じて顧客の生産性を向上させる」ことだ。創業20年経った今、むしろその重要性は増し、難しくもなっている。「昔は新しい工具を試そうというユーザー様も多かった。しかし今は時間がない。だから、こちらから(生産性向上の結果を出した)テスト品を出しますよ」とまで提案しなくてはならないからだ。
親会社のIMCグループのジェイコブ・ハルパスCEOとも創業以前から30年以上の付き合いで、関係も良好だ。だがハルパスCEOからはタンガロイや、同時に社長に就いたテグテックジャパンなどグループ全体で日本市場シェアトップを目指せと厳しい指示も。
しかし、拙速に攻めるつもりはない。なぜなら「切削工具の改善は時間がかかる」からだ。「顧客の加工条件は全て異なる。だから、生産性を上げるには最終的にはユーザー様一件、一件に細やかに提案していくしかない」と、地道に生産性向上を訴えていく考えだ。

日本産機新聞 平成26年(2014年)2月25日号

子どもを熱中症から守れ –ノダキ–

土木事業ホタコンと「塩ビタミンゼリー」を共同寄贈  機械工具販売店のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は熱中症対策商品として駄菓子メーカーの共親製菓(名古屋市西区)と共同開発した「現場の相棒 塩ビタミンゼリ […]

オイルの寿命伸ばし省エネを実現 –フクハラ–

オイル酸化劣化防止装置 MAX N2オイルドライヤー  コンプレッサー周辺機器メーカーのフクハラ(横浜市瀬谷区、福原廣社長、045-363-7373)は、オイル酸化劣化防止装置「MAX N2オイルドライヤー」全2機種(1 […]

リアルとVRを融合 –ユアサ商事–

新展示会、関東と関西で開催  ユアサ商事は11月と12月に関東と関西で、リアルとVR(仮想現実)を組み合わせた展示会「YUASAGrowingフェア」を開催する。会場にはリアル展示とVR展示ゾーンを併設。リアルゾーンでは […]

トピックス

関連サイト