2021年9月25日(土)

工作機械の受注目標、
今年は1兆4500億円

過去2番目

 日本工作機械工業会(花木義麿会長・オークマ社長)はこのほど、2014年の工作機械受注額を当初目標から1500億円増の1兆4500億円に上方修正した。国内外ともに設備投資が活発化し、達成できれば史上2番目の水準となる。
 14年1-10月の累計は1兆2260億円(前年比35・1%増)で、年初から1000億円超を維持。このペースが続けば、1兆4500億円(同29・8%増)に到達する見通しだ。

日本産機新聞 平成26年(2014年)12月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【インタビュー】サイバーダイン 新規事業開発部 中澤 泰士部長

作業負荷低減する装着型サイボーグ 重量物の持ち上げ・下げ時に腰や体にかかる負荷を低減する装着型サイボーグが作業者の安全を守る製品として様々な現場で注目を集めている。装着型サイボーグ「HAL」を手掛けるサイバーダイン(茨城 […]

カネテック マグネットLED電気スタンドの新型

小型・軽量化、作業性向上 カネテック(長野県上田市、0268-24-1111)はこのほど、マグネットLED電気スタンドをモデルチェンジし、発売した(写真)。小型・軽量化、高照度化を図った他、光の拡散を抑える仕様に改良した […]

トラスコ中山 24年に大阪本社を移転

トラスコ中山 24年に大阪本社を移転

トラスコ中山は2024年、大阪本社を大阪市西区新町から同市中央区本町に移転する予定。大阪のオフィスの中心街に移すことで、通勤の利便性向上や、企業の周知度向上、大阪本社の業容拡大につなげる。 移転先は「本町セントラルビル」 […]

トピックス

関連サイト