2022年6月27日(月)

山善、ロジス関東を移転拡張

家庭機器の中核拠点

ロジス新関東

山善はこのほど、家庭機器事業部の物流拠点である「ロジス関東」を群馬県伊勢崎市に移転拡張すると発表した。敷地面積は11万3000㎡で、延べ床面積は現在の約1.7倍の8万5000㎡。佐川グローバルロジスティクスと業務委託契約を結び、2月22日から稼働を開始する。

現在の「ロジス関東」は、在庫数1万3000アイテム、月間約140万才の物流を取り扱う同社家庭機器事業分野の中核の物流拠点。稼働10年を超え、業績拡大や、配送ニーズの多様化による慢性的なスペース不足や、機能不足を解消するために移転拡張を決めた。

新拠点は、佐川グローバルロジスティクス群馬営業所で稼働する。検品システムと連動した自動仕分けラインなど、より効率的な作業を可能にする最新設備を導入し、最大約200万才までの物流を取り扱うことができる。

2月2日に開かれた開所式で中田繞社長は「ネットビジネスの拡大により即日配送など様々なニーズに対応しなければ生き残りは難しい。物流を強化し、新ロジス関東を中長期の物流コア拠点として、家庭機器事業部で売上1000億円に挑戦したい」と話した。

日本産機新聞 平成28年(2016年)2月15日号

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト