2022年1月18日(火)

テヅカ、売上100億円達成へ

MTA会で来期目標

テヅカTM会総会。_R

 テヅカ(三橋誠社長)の仕入先メーカーで組織するテヅカMTA会(増田照彦会長・三菱マテリアル常務執行役員加工事業カンパニープレジデント)は、11月28日、東京・目黒の目黒雅叙園で、「秋季MTA総会」を開き、今期3月末目標100億円達成を目指す、と参観者に支援協力を願った。100人が集った。
 三橋社長は全国の各MTA会行事開催報告と現状報告を行い、その中で「今年上半期は、6・3%増となったが、目標を達成できなかった。来年3月末までは当社のオリジナルセールを開催中で、目標の100億円を社員一団となって取り組む。皆様方のご支援をお願いしたい」と語った。
 増田MTA会長は「今がどのような状況か原点を知り、来年は皆さんと一緒に羽ばたきましょう」と力強く支援した。そして、田中啓一日立ツール社長の乾杯音頭で開宴。親睦を深め、大沢伸朗オーエスジー常務の中締めで散会した。

日本産機新聞 平成26年(2014年)12月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【この人に聞く】アルム ・平山 京幸社長「加工プログラムを自動作成」

作成時間、大幅に削減・技能者は高度な仕事に力 自動機などを手掛けるアルムは今年9月、AI技術で3D製品モデルから切削加工プログラムを自動作成するソフトを出荷開始した。長年の経験やノウハウを持つ技能者が手間をかけていた作成 […]

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

トピックス

関連サイト