2023年2月6日(月)

セコ・ツールズが方針発表

技術提案やITで需要開拓

セコ・ツールズ記者会見 左からラース社長、松田社長、アンドレアス副社長_R
▲左からラース・ベルグストローム社長兼CEO、松田剛一社長、アンドレアス・フリッツ副社長

ラースCEO「車や機械メーカーとより良い製品を」

松田社長 「工具の見直しでまだまだ生産性向上する」

 セコ・ツールズ・ジャパン(東京都大田区、03・3733・8111)は11月3日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されたJIMTOF2014で記者会見を開いた。SECOグループ社長兼最高経営責任者(CEO)のラース・ベルグストローム氏が会社紹介や日本市場の重要性、今後の取組みについて語った。
 冒頭の会社紹介では、2013年度の業績について「売上は約10億㌦(約1180億円)。中国はやや減少傾向だったが、北米や東南アジアは堅調に推移し、日本も回復傾向にあった」と説明した。
 日本市場については「自動車や工作機械など世界的にも有力なメーカーが多く、研究開発の場として非常に重要である」とした。また、「それらのメーカーと連携を強化し、より良い製品を提供していく」と日本を中心とした戦略を強調した。
 さらに今後、クラウドを使ったデジタルソリューションサービスを提供する考えを明かした。タブレット端末などで切削条件や工具選定ができるほか、在庫状況の確認や見積もりも可能。現場で即座に対応できる。
 会場内で開催されたワークショップでは、加工に合わせた工具選定や同社の被削材分類表を使った切削条件選択の仕方を紹介。松田剛一社長は「機械の更新ももちろん重要ですが、工具の見直しでまだまだ生産性の向上が図れる」と語った。

日本産機新聞 平成26年(2014年)12月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト