2021年7月30日(金)

セコ・ツールズが方針発表

技術提案やITで需要開拓

セコ・ツールズ記者会見 左からラース社長、松田社長、アンドレアス副社長_R
▲左からラース・ベルグストローム社長兼CEO、松田剛一社長、アンドレアス・フリッツ副社長

ラースCEO「車や機械メーカーとより良い製品を」

松田社長 「工具の見直しでまだまだ生産性向上する」

 セコ・ツールズ・ジャパン(東京都大田区、03・3733・8111)は11月3日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されたJIMTOF2014で記者会見を開いた。SECOグループ社長兼最高経営責任者(CEO)のラース・ベルグストローム氏が会社紹介や日本市場の重要性、今後の取組みについて語った。
 冒頭の会社紹介では、2013年度の業績について「売上は約10億㌦(約1180億円)。中国はやや減少傾向だったが、北米や東南アジアは堅調に推移し、日本も回復傾向にあった」と説明した。
 日本市場については「自動車や工作機械など世界的にも有力なメーカーが多く、研究開発の場として非常に重要である」とした。また、「それらのメーカーと連携を強化し、より良い製品を提供していく」と日本を中心とした戦略を強調した。
 さらに今後、クラウドを使ったデジタルソリューションサービスを提供する考えを明かした。タブレット端末などで切削条件や工具選定ができるほか、在庫状況の確認や見積もりも可能。現場で即座に対応できる。
 会場内で開催されたワークショップでは、加工に合わせた工具選定や同社の被削材分類表を使った切削条件選択の仕方を紹介。松田剛一社長は「機械の更新ももちろん重要ですが、工具の見直しでまだまだ生産性の向上が図れる」と語った。

日本産機新聞 平成26年(2014年)12月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

大日金属工業 本社を尼崎に移転 

大日金属工業 本社を尼崎に移転 

20年ぶり創業地へ ショールームを完備 大型旋盤などを手掛ける大日金属工業はこのほど、本社を兵庫県尼崎市へ移転した。同社の工作機械を配したショールームを完備し、ユーザーとの商談の場や勉強会などに活用していく。新住所は兵庫 […]

上町機工会 総会を開催

上町機工会 総会を開催

柳川会長が続投 大阪上町機工会(柳川重昌会長・Cominix社長)は6月10 日、KKRホテル大阪(大阪市中央区)で第70 期定時総会を開催し、14 人が出席した。 柳川会長は開会に先立ち、「生産財を取り巻く景況は今年に […]

帝国チャック前社長 寺坂雅好氏が死去

事業の成長に尽力 帝国チャック(大阪府八尾市、072-992-1148)の前社長である寺坂雅好氏が5月17 日に死去した。72 歳だった。告別式は親族のみで営んだ。   同社は1926年に創業し、スクロールチャ […]

トピックス

関連サイト