2022年1月24日(月)

オーエスジー、2020年に売上1500億円

中期経営計画 新製品、海外開拓に力

IMG_5503_R
▲石川社長

 オーエスジーは、2月21日、同社グローバルテクノロジーセンター(愛知県豊川市)で、第102回定時株主総会を開催した。
 石川則男社長の進行で進められ、2014年11月期の決算をビデオで報告。剰余金処分、取締役選任など全議事が全て承認された。

 石川社長は、売上高一千億円を目指した中期経営計画を2年前倒しで達成したことを報告。2020年売上高1500億円を目指すとした。
 自動車・航空機など業種別と地域別、製品別の戦略を組み合わせた戦略展開を行う事や対面型販売組織の拡充投資、海外のAブランド拡販組織拡充、新製品開発など、積極的に投資することを明らかにした。
 また、2020年には海外ウエイトが60%を超えると見通した。

 総会後の株主懇談会では、新興市場であるインドネシア、インド、メキシコの市況、今後の戦略展開について各責任者から報告され、各地域の特性に応じた戦略を積極的に展開をすることが再確認された。

日本産機新聞 平成27年(2015年)3月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト