2024年4月13日(土)

この人に聞く2016
APT 井上 良太社長

自動倉庫の維持費削減

★APT 井上良太社長_R

通信・制御の仕組み分析
点検・部品交換、簡単に

APT(千葉県千葉市、043・350・0581)は、自動倉庫の最適な運営をコンサルティングしたり、保守、管理などを手掛けたりする自動倉庫専門のシステムエンジニアリング会社だ。独自開発した管理システムで、「メーカーに依存しない自動倉庫の運用」を実現し、リニューアルやメンテナンス費用の削減を提案している。

「自動倉庫の運用で困っているユーザーは非常に多い」と話すのは井上良太社長。今まで自動倉庫は、定期点検や、部品交換、ソフトの更新など莫大な維持・管理コストがかかるという問題があった。加えて、「各メーカーは自動倉庫の仕組みを独自のシステムで構築し、『ブラックボックス化』していることが多い」という。そのため、納入メーカーしかメンテナンスできず、内製化はもちろん、相見積での比較ができないなど費用の妥当性が判断できなかった。

APTの事業概念図_R
APTの事業概念図

そこでAPTでは、創業から30年以上、自動倉庫の管理制御システムを手掛けてきたノウハウを活かし、各メーカーの「ブラックボックス」を解析。独自で開発したパッケージシステム「WACS」や、制御装置「AC-ONE」を使って、通信仕様や制御装置などの情報を全て開示し、使用部品も汎用化した。メーカーへの依存度を低下させたことで、従来に比べて、リニューアルやメンテナンス費用の大幅な削減が可能になるなど、これまでに600社以上の実績を持つ。

井上社長は「それぞれのユーザーに合ったきめ細かい提案ができる」とコストだけでなく、サービス面でも同社の強みを挙げる。全国に約15社の協力会社を持つほか、稼働状況を遠隔でモニタリングするなどトラブル発生時に迅速に対応できるサービス体制を整えている。

現在はリニューアルがメーンだが、将来的には「システムだけでなく、マテハン機器メーカーとしても取り組み、新設のニーズにも対応していきたい」とソフトとハードの両面で総合的に自動倉庫の効率化を提案する考えだ。

機械工具流通業界に対しては、「自動倉庫で困っているという現場はまだまだ多い。案件があれば、ぜひ相談してほしい」と呼びかける。

日本産機新聞 平成28年(2016年)2月15日号

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト