2021年10月18日(月)

この人に聞く2015
東京都機械工具商業協同組合
理事長 小川 修一氏(オーマット社長)

設計図を描き次代につなぐ

小川新理事長2_R

 斎藤保男前理事長から打診があったのが4月末。急な登板となったが「やる限りは精一杯する」と、就任後すぐに任期2年間のスケジュールを立てた。斎藤前理事長より7歳年長の67歳。「自分の役目は業界の活性化のための設計図を描き、次世代につなぐこと」と「来秋の東京開催の全国大会を成功させること」と明確だ。

 まずは会員企業の本音と現状把握に取り組む。「事務局に全会員を回ってもらい、東機工に何を求めているのか聞く」という。「皆さんが求めることができれば活性化にもつながる」からだ。

 既に課題も見えている。会員の減少ストップと参画意識の向上だ。平成元年に550社あった会員数が27年には261社と半減。「倒産や廃業もあるが、組合活動への参画意識が低いのもその一つだ。何らかの形で多くの人が参加できるようにしたい」と意気込む。

 8つある支部と青年部活動の活性化も課題だ。「支部活動にどれだけ参加しているのかなど調べたい。必要なら支部同士の合併なども考えたい」と理事の間ではそんな意見も出ているという。現在20社しかいない、青年部の増員も課題だ。「業界を将来支えていく組織。内外に認知してもらえるボリュームにしたい。そのために何ができるのか話し合っていきたい」という。さらに「ものづくりを支えているというプライドを持てる業界にしていきたい」と意識変革も課題に挙げる。

 改革への意識が高いのも、自社が業界に先駆けて変化してきたからかもしれない。02年に卸部門をジーネットに売却した。「自社の将来を想い実行した」と冷静に振り返る。組合活動も冷静に改革を進める考えだ。

 任期は2年。出来ることにも限りはある。「絵画で言えばデッサンぐらい描ければと思う。色を付けて完成させるのは次世代の役目」とし、2年間で東機工の方向性を明確にしていく。


プロフィール

1971年、小川商店(現オーマット)入社。75年同社代表取締役。2009年東機工理事、港支部長。15年副理事長。昭和23年生まれ、67歳。東京出身。


日本産機新聞 平成27年(2015年)6月25日号

ニッセイ 新ブランド「UXiMO」を開発

ロボット向けに高剛性減速機 ニッセイは、需要拡大が予測される産業用ロボットやAGV/AMRなどの移動体ロボット市場、その他FA機器市場向けに高剛性減速機の新ブランド「UXiMO(アクシモ)」を開発。今回、「DGHシリー […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 注目33社の出展製品

新たなニーズに応える最新の技術提案 今年のメカトロテックジャパンのテーマは「キカイを探そう」。2年ぶりの工作機械見本市とあって、メーカー各社は新製品や新技術を披露できる久しぶりのリアル展として力を入れている。自動車業界は […]

【特集】メカトロテックジャパン2021 セミナー/ワークショップ/コンセプトゾーン

セミナー  (交流センター3階会議ホール、定員250人、聴講無料) テーマ「自動車」 クルマ作りの概念が変わる 講演①:「カーボンニュートラルを見据えたモノづくりの進化」 日時:10月20日(水) 13:00~ […]

トピックス

関連サイト