2020年8月11日(火)

OMJCリレーインタビュー ユニオンスチール 社長(OMJC会計) 川口 智大氏

常に温和な秘訣は?

理想をすぐに求めない

DSC06854 

1974年生まれ、大阪府八尾市出身。大手門学院大学を卒業し98年、トラスコ中山に入社。2001年ユニオンスチール、05年常務、07年専務、09年社長に就任。趣味はゴルフ、ドライブ。尊敬する人は父で相談役の川口正太氏。好きな言葉は自然体。

周りの人から温和ですねとよく言われます。生まれつきの性格なのでしょうか。学生の頃から優しいイメージで見られることが多くて。初めて就職したトラスコ中山でも、東京配属の関西出身者のなかでなぜか僕は関西弁を恐がられることなくすぐに同僚や先輩と馴染めました。
 でも、そういう印象とは相反して実はイライラすることがよくあるんです。レストランで接客がずさんだったり前を走る車があまりに遅かったりすると苛立ってしまう。けれど、そんなときにもイライラを表情に出さない。心を落ち着かせるようにしている。だから余計に温和だと思われるのかもしれません。
 イライラを表情に出さなかったり、心を落ち着かせようと心掛けているのには、ひとつのきっかけがありました。専務のとき、期待していた若い社員が自主退職しました。理由を聞くと「次々と与えられる課題に応えられない、責任に耐えられない」ということでした。別の社員からは「社員の多くが、常に高い目標を目指し厳しく指導する僕の顔色を覗って仕事をしている」とも聞きました。

どっしりと構える人に

当時の僕は、いずれ父(川口正太相談役)から経営を引き継ぐという意識が強くなり肩に力が入り過ぎていました。技術者で職人肌の父は技術で社員から信頼され、ときに厳しい口調で指導することもありました。それを経営者としてあるべき姿と思い同じ方法を倣いました。
  けれど、それが原因で社員を委縮させ自信を失わせることになった。父のやり方を真似なくてもよかったし、僕の経験したやり方を押し付ける必要もなかったんです。
 それからですね。イライラを表情に出さないようにして心を落ち着かせようと心掛けるようになったのは。そして社員がどう考えているのか聞き、理想をすぐに求めないようにして、じっくりと時間をかけて課題を解決するようにしました。
 僕は2009年に社長になり、まだまだこれからです。経営者として、そしてひとりの人として将来は、物事に動じないどっしりと構えられるようになりたい。

 ※OMJCリレーインタビューは前走者が次走者にインタビューのテーマを投げ掛け、バトンをつないでいきます。次回は会計の大西忠樹氏(大西測定社長)。前走者・川口氏の質問は「結婚して変わったことは?」。

日本産機新聞 平成26年(2014年)7月25日号

ウェブ展示会を29日から –オークマ–

金型加工テーマに  オークマは、金型をテーマにしたWEB展示会「WEB OKUMA MACHINE FAIR 2020 ‐Die&Mold‐」を7月29日から同社ホームページ内に開設する。  金型加工の課題解決に […]

耐熱合金などの旋削・転削加工技術 –サンドビック–

耐熱合金などの旋削・転削加工技術 –サンドビック–

オンラインセミナー  サンドビックは6月17日、「耐熱合金・チタン合金加工オンラインセミナー2020」を開き、旋削加工や転削加工、ソリッド工具の適用ポイント、CAM提案のほか、同社が進めているデジタル技術の紹介を行った。 […]

昇降、開閉、リクライニング –THK –

介護ベッドなどに  THK(東京都港区、03-5730-3911)はこのほど、ロッド形アクチュエータ「CRES6000」(写真)の受注を開始した。推力6000Nを基本仕様とし、昇降、開閉、リクライニングなどの動きを実現。 […]

トピックス

関連サイト