2023年2月7日(火)

2022東京国際包装展 来場事前登録受付中

10月12〜14日、東京ビッグサイト

2022東京国際包装展」が10月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される。主催は日本包装技術協会(磯崎功典会長、キリンホールディングス社長)。東1~3、6ホールを会場とし、395社・団体、1598小間(6月29日現在)が出展する。出展社、来場者に対してマスク着用の徹底や検温の実施など、万全な新型コロナウイルス感染防止対策のもとで開かれる。

同展は、「包装資材・容器」「包装機械」「印刷・包材加工機械」「食品・医薬品・クリーン関連機材」「検査・計測・環境関連機材」「包装デザイン&サービス」「次世代テクノロジー、包装・物流ソリューション」など包装技術に関連する幅広い展示が披露される。包装資材・容器・包装機械を中心に調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るあらゆる分野を網羅する。

今回のメインテーマは、「新時代パッケージここに集う!―未来のために機能進化と使命―」。メインテーマを具体化するために4つの推奨テーマを設定した。

  1. サーキュラーエコノミーやリサイクルの現状といった「包装の機能進化と環境問題に対する課題」
  2. 鮮度・品質保持や食糧問題に対応する「食品ロス、食品廃棄の削減に取り組む包装の使命」
  3. AIやIoT、ロボティクスなどを駆使した「新時代を見据えた先端技術の活用」
  4. 感染症対策、環境問題との両立が課題視される「コロナと共存するためのパッケージ」

また、集中展示企画「新時代に挑むパッケージ」や「2022グッドパッケージング展・木下賞受賞作品展」などの併催行事も開催。その他、セミナーは70セッション以上の開催を予定し、いずれも無料で聴講可能。現在、ウェブサイト上でセミナー事前登録を受け付けている。

今回はオフィスやリモートワーク中でも視聴可能な3つの情報サービスも用意する。

  1. リアル展とは別にバーチャル展示会を実施する出展社のインデックスページ
  2. 出展製品動画ギャラリー(7つの出展分野ごとの動画が視聴できる)
  3. ニュースリリースページ(出展社が発信するニュースリリースをリアルタイムに収集できる)。

藤田一浩実行委員長(東洋インキ執行役員)は「本展は海外からみても主要な国際包装展の一つに位置づけられており、内容的にも来場者のあらゆるニーズにお応えできると確信している」と意気込む。詳細は日本包装技術協会事務局まで。

日本産機新聞 2022年9月5日

[ 展示会 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト