2022年1月24日(月)

THK IoTサービスに特典追加

損保と連携、部品交換費を補償

THK(東京都港区、03-5730-3911)はこのほど、機械要素部品の状態を監視するIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」に、「製造ゼロ待ちチケット」と「IoTリスク保障」の2つの特典サービスを追加すると発表した。9月1日から提供を開始する。

「製造ゼロ待ちチケット」は、「オムニエッジ」を利用するボールねじや直動機器「LMガイド」などの機械要素部品の交換部品の製造を生産投入までの待ち時間無しで同社工場に手配できるというもの。通常は工場の状況によって生産投入までの時間が異なるため、納期にばらつきが生じる場合があるが、同チケットを使うことで納期の心配なく交換部品の手配が可能になる。1年間に最大2枚まで使用することができる。

もう一つの特典サービス「IoTリスク保障」は、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)と連携し提供する。「オムニエッジ」の予兆検知機能が働かず、センサを取り付けていた機械要素部品に損壊が発生した場合に、原因箇所の機械要素部品の価格と交換に係る作業費を最大100万円まで補償する。2つの特典サービスは「オムニエッジ」契約時に自動的に付加されるため、特別な手続きは不要。月額使用料に含まれる。

「オムニエッジ」は、機械要素部品の状態判断や予兆検知を実現するIoTサービス。1装置当たり月額8000円で利用できる。現在、「LMガイド」、ボールねじ、アクチュエータに対応する他、ポンプやモータなどの回転部品でも無償トライアルを実施している。2020年からサービスを開始し、すでに200拠点600設備に導入され、同社工場でも700設備に導入している。

日本産機新聞 2021年8月20日

[ 伝導装置用品 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト