2022年6月26日(日)

NaITO 前期比15%増の112億円

緩やかな回復傾向で推移

NaITO(東京都北区、03-3800-8651)の2021年3‐5月期決算は、売上高が前期比15.0%増の112億500万円となった。新型コロナウイルスの感染拡大による景気の落ち込みから緩やかな回復傾向で推移している。

取扱商品別では、切削工具の売上高は前期比13.7%増の54億4400万円、産業機器・工作機械の売上高は同15・3%増の47億2000万円、計測の売上高は同20.4%増の10億3900万円と全般的に好調だった。

自動車や半導体関連などといった製造業の回復や設備投資需要の持ち直しに牽引された他、販促企画や計測分野に関するウェブセミナーの実施などが奏功した。22年2月期の業績予想は前期比9.8%増の430億円で据え置いた。

日本産機新聞 2021年8月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト