2022年1月24日(月)

NaITO 前期比15%増の112億円

緩やかな回復傾向で推移

NaITO(東京都北区、03-3800-8651)の2021年3‐5月期決算は、売上高が前期比15.0%増の112億500万円となった。新型コロナウイルスの感染拡大による景気の落ち込みから緩やかな回復傾向で推移している。

取扱商品別では、切削工具の売上高は前期比13.7%増の54億4400万円、産業機器・工作機械の売上高は同15・3%増の47億2000万円、計測の売上高は同20.4%増の10億3900万円と全般的に好調だった。

自動車や半導体関連などといった製造業の回復や設備投資需要の持ち直しに牽引された他、販促企画や計測分野に関するウェブセミナーの実施などが奏功した。22年2月期の業績予想は前期比9.8%増の430億円で据え置いた。

日本産機新聞 2021年8月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト